FCエフォートU-15 TMvs近江高校サッカー部

FCエフォートU-15

TM vs近江高校サッカー部

2020/7/4

※1本30分

①エフォート0-1近江

②エフォート0-0近江

③エフォート0-2近江

本日は近江高校サッカーグランドにて、近江高校サッカー部様とのTMとなりました。

先週に引き続き、カテゴリーやピッチコンディションを理解し、試合の戦い方を確認しました。特に相手チームの攻撃力に対して、どれだけ強度をもった守備ができるのか、また守備から攻撃へのスピードと”駆け引き”はどれどけできるのか、その部分が試される試合となりました。

1本目目は

立ち上がりから速い攻撃や力強いプレーに自陣でブロックを引いて耐える時間となりました。サイドの突破を許さないことと、ゴール前の数的優位を常に意識し、ゾーンで守ることができていました。

我慢する時間を超えると、少しずつ奪ったボールを前線のスペースに送り、FWの動きから全体を押し上げ、相手コートに侵入することができました。

そんな中、バイタルでのプレッシャーが少し緩くなるとミドルシュートを入れられてしまい0-1となりました。このレベルになると少しのスキも失点に繋がります。

2本目は

1本目の失点した悔しさから気持ちを切り替え試合に向かうことができました。

ここで体力面の差が大きくプレーに影響し、高校生についていけない場面もありました。しかし、ゴール前をしっかり守り更なる失点はなく守備できました。

前半と同様の時間帯が多い中、攻撃のチャンスをいくつか作ることができました。しかし、数少ない決定的なチャンスを仕留めることができないまま0-0で試合を終えました。

こういった我慢のゲームで、チャンスを活かして得点に繋がる難しさも経験できました。

3本目は

相手もリフレッシュなメンバーに変わった中、1人1人の守備の意識が更に求められるゲームとなりました。

やはり個々の身体能力の差やプレーの差は歴然でしたが、チームとして戦えた部分は評価できる部分がありました。

結果的に多くのミドルシュートを浴びることとなり、2本を決められてしまいました。

この部分はバイタルエリアでのファーストDFの決定の遅さ(判断)やシュートブロックの軽さが原因となり、相手にとってプレッシャーを与える守備ができなかったことはまだまだ課題であり、主体性が少し欠けてしまっていました。

最後に

今回は力の差がある相手に簡単に負けないよう、戦い方をブロック主体で守り、そこから少ないチャンスを作るという形を想定しました。

想定通り、全体的に滋賀県で1.2位を争う高校生を相手に戦えた部分はありましたが、各個人ではまだまだ足りない部分を大きく感じたと思います。

もちろん、カテゴリーの差として当たり前の部分もありますが、個人が来年その舞台で闘うことを想定するともっと成長が必要ですね。

やはり”主体性”です。

学び、自らプレーし、闘うことが必要で、その習慣をつけていきましょう!!

試合をしていただきました近江高校サッカー部様、誠にありがとうございました。

また応援いただきました皆様、誠にありがとうございました。

FCエフォートU-14 TM vsレイジェンド滋賀 vsクレアーレ甲賀

FCエフォートU-14

TM

vsレイジェンド滋賀

vsクレアーレ甲賀

2020/6/28

①エフォート2-1レイジェンド

(塚本、壷井)

②エフォート0-1レイジェンド

③エフォート3-0クレアーレ

(野々村、神内、深津)

④エフォート0-0クレアーレ

本日はビックレイクAコートにて、レイジェンド滋賀様とクレアーレ甲賀様とのTMとなりました。

まず試合前の準備の際、行動力として「次に何をしないといけないか」を考えながら動く選手と、みんなの動きに遅れて動く選手とが見受けられました。

この部分に大きな差があり、試合に向けて意識を高めている選手がもっと多くなるためにも、”気づき”を教えていきたいと思いました。

またw-up時のキックにも注目しました。朝から降った雨で濡れた人工芝をうまく使う選手と全く気にしていない選手がいました。

土のグランドのように大きなモーションでキックをするだけでなく、コンパクトなモーションでボールを滑らせ、「素早く速い」ボールを蹴ることも必要になります。

そういった技術が相手のいる試合に必要だと気づくことが大切ですね。

TMの内容は

2年生(学年)でのTMは久々となり、ミーティングではチームでの共有部分と個人(ポジション)の認識部分を確認し試合に挑みました。

1試合目は

立ち上がりから前線でボールを奪う姿勢が良かったです。

攻撃にもリズムをつけることができ、サイドからの2ゴールで試合に勝つことができました。

しかし、個々においての駆け引きや判断の部分では、相手の守備の矢印を外す工夫ができないといけません。

この部分が結果的に自分達の体力の消耗に繋がることを意識し改善したいところです。

2試合目は

一人一人の距離間を大切にしたいゲームとなりました。自分達のコンパクトな形が作れるとリズム良くボールを動かすことができました。しかし守備においては大きくボール動かされてしまい、プレーの強度が求められると守備の時間が長くなり、苦しい時間がありました。

この部分は縦の3ラインをコンパクトにしたり、横の連動性を更に高めて守備ができるようになれば、ボールへのアプローチが更に良くなる部分です。

まだまだ改善と成長が必要です。

3試合目は

「駆け引き」の部分で、自分達の”気づき”が試される試合となりました。

フットボールの種類や戦い方は様々で、相手の戦い方を見抜き、隙を攻める力が必要です。普段とは違った戦い方や判断が求められた中で、前半のうちに勝負を決める力が必要でしたが、今回は後半に得点となり、3-0で勝利することができましたが、課題が残る試合となりました。

4試合目は

2試合目のテーマと同じく、距離間を大切にしたいゲームとなりました。

このゲームではそのテーマを具現化することができ、ゲーム内で多くのチャンスを作ることができました。

しかし、決定的なプレーが少なく、次のステップとしてはアタッキングサードでのプレーの質が求められました。

この試合で改善することができませんでしたが、今後に繋がる攻撃ができていました。

大きな課題はやはり守備の強度と駆け引きです。守備にパワーがない選手は駆け引きでボールを奪ったり、時間を遅らせたりする必要があります。

その駆け引きはまだまだ成長が必要ですね。

湿度が高いコンディションの中、一人一人が与えられた時間を精一杯プレーすることができていました。

しかし今後U14として求められることは、その「当たり前」+駆け引きです。

相手にとって、自分にとって、何をすれば良いプレーなのか、いつプレーするのかなど、細かな駆け引きができる力をつけていきたいと思います。

2部.3部で試合をする時も、学年で試合をする時も、自分の特徴や周りの特徴を活かして、相手を上回るプレーができるようにしてほしいです。

試合をしていただきましたレイジェンド滋賀様、クレアーレ甲賀様、誠にありがとうございました。

また応援いただきました皆様、誠にありがとうございました。

FCエフォートU-13 TM vs クレアーレ甲賀・FC湖東

.

.

.

2020/6/28(日)

.

.

U-13 TM vs クレアーレ甲賀・FC湖東

.

.

エフォート 1 vs 2 クレアーレ

得点者:武田(茗荷)

.

エフォート 0 vs 5 FC湖東

.

エフォート 1 vs 0 クレアーレ

得点者:佐野(加藤)

.

エフォート 0 vs 3 FC湖東

.

.

本日は、2日連続となるトレーニングマッチとなりました。

まず始めにミーティングで、メンタル部分の確認をしました。前日の課題をしっかりと向き合えているのか。2日連続のトレーニングマッチで体がきついということを言い訳にせず最後までしっかりと戦う事を前提に、テーマは守備対応を継続し臨みました。

.

試合は、守備において少しずつ切り替えのスピードが速くなってきましたが、飛び込んでしまう選手がいました。また、後ろの選手からのコーチングを聞かずに入れ替わってしまう選手もいたため、取り所で奪えずにボールを支配されてしまいます。しかし、中には体をはった守備で相手の攻撃を摘み取る選手も見えました。

課題としては、チャレンジ&カバーの際にボールウォッチャーになり相手にスペースを与え背後を取られる場面がありました。ボールとマークの同一視野が取れるポジショニングが必要だと感じました。

.

攻撃においては、相手の速いチェイシングに戸惑いなかなかボールを保持できない時間が続きます。その中でもポケットでボールを受けクローズからオープンへと展開する事を意識しましたが、一人一人が持ちすぎてしまい、囲まれてしまいます。しかし、試合をするにつれ徐々に相手スピードに慣れていき、ドリブルとパスのタイミングが良くなり、味方とのコンビネーションが出てきました。

課題として、引き続き技術の向上はもちろんですが、クローズからオープンへの運び方とファーストタッチの置き所を次のプレーにスムーズに移せるようにすることが次へのステップに必要な要素だと思いました。

.

全体として、現時点ではなかなか勝てずに苦しい時期が続くと思います。しかし、相手は同い年。努力すればするほど差を縮められ、追い越せると思います。そのため、一人一人が練習からいいモチベーションで高め合い、競争して行けるとよりいい選手へ成長できるのではないかと思います。

日々のトレーニングから、スタッフと共に頑張っていきたいと思います。

.

.

試合をして頂きました、クレアーレ甲賀様・FC湖東様

.

応援して頂きました、保護者の皆様

.

.

誠にありがとうございました。

FCエフォートU-13 TM vs A.Z.R・JOY U-12

.

.

.

2020/6/27(土)

.

.

U-13 TM vs A.Z.R・JOY U-12

.

.

エフォート 0 vs 3 A.Z.R

.

エフォート 2 vs 1 JOY

得点者:青谷・青谷

.

エフォート 1 vs 4 A.Z.R

得点者:OG

.

エフォート 2 vs 0 JOY

得点者:村井(茗荷)・茗荷(佐野)

.

エフォート 2 vs 1 A.Z.R

得点者:武田(藤本)・田中柊

.

エフォート 6 vs 0 JOY

得点者:掛村・掛村・青谷・茗荷・村井(中新井)・村井

.

.

本日のTMは、8人制で小学生とのトレーニングマッチとなりました。

テーマとして切り替えの速さ、チェイシング、球際の守備対応を意識し臨みました。

.

試合は、守備においてチェイシングにいく選手の連続性が欠けていたため、次チェイシングかける選手の連動が生まれず、後手になってしまい局面を打開されてしまいます。また、インターセプトを狙う意識が低く簡単に前を向かせてしまい、慌てて飛び込み入れ替わるシーンが見受けられました。

課題として、守備における個人戦術と駆け引きが必要です。常に頭を使いながら取り所で奪い切ることがゲームの勝敗に関わってくることの理解をして欲しいと思います。

.

攻撃においては、相手の速いチェイシングに対して準備が間に合わず顔が下がり、情報を認知することが足りていませんでした。そのため、ボールを受けてから出し場所を探す選手や、焦ってパスを出し次の選手が困るシーンが見受けられました。

課題として、ゲームの流れを読み予測し相手の位置や味方の位置を認知し、余裕を持ってプレーできるポジショニングと足元の技術向上が課題となりました。

.

全体を通して、メンタル的な部分で小学生に負け闘争心や負けん気を出す選手が少なく思いました。中学生というプライドはなかったのか。悔しい気持ちをバネにプレーできていたのか。何か抵抗できたのか。もう少し気持ちを全面に出してプレーして欲しいと感じたトレーニングマッチとなりました。

.

.

試合をして頂きました、A.Z.R様・JOY U-12様

.

応援して頂きました、保護者の皆様

.

.

誠にありがとうございました。

FCエフォートU-15 TM vs比叡山高校サッカー部

FCエフォートU-15

TM vs比叡山高校サッカー部

2020/6/27

①エフォート2-1比叡山

(槻本、西川)

②エフォート0-1比叡山

本日は比叡山高校グランドにて、比叡山高校サッカー部様とのTMとなりました。

カテゴリーや暑さを理解した試合の組み立て方を確認し、その中で「駆け引き」や勝負を意識しました。前回同様に選手達のモチベーションも良く、雰囲気を作って試合に挑めたと思います。

1試合目は

立ち上がり、前プレを重視する相手チームの機能性をうまく外すことができました。ファーストプレーから相手の背後を奪うことに成功し攻撃を仕掛けると、そのコーナーキックから得点することができ、良いゲームの入りができました。

その後も前線へボールを入れることを意識しながらビルドアップを行うことができました。しかし、不用意なロストや守備時の個人の判断(プレスorウェイト)において、相手に押し込まれる時間もありました。

その後カウンターからPKを獲得し追加点を奪いましたが、ゲーム全体としてはもっと試合を有利に運べる判断を伸ばしたいと思います。

2試合目は

個人のフィジカル差をどういった方法で駆け引きすることができるかを意識したゲームとなりました。

1人1人はパワーやスピードで負けてしまう場面も、2人のコンビネーションで局面を打開したり、サポートのスピードを上げて、より多くの人が関わるプレーを意識していました。

しかし、試合が進むと体力の消耗が大きく、プレーの連続性をキープすることができませんでした。その部分では選手を交代しながら、フレッシュにプレーしてもらうようにしましたが、ゲームスピードについていけない選手が多く見られました。

フィジカル要素で負けるなら、他にどういった判断や駆け引きができるのかを日頃から意識していく必要があると思いました。

結果的に、コーナーキックからゴール前で押し込まれ、失点してしまい試合を落としてしまいました。

全体的にコンディションは戻ってきた印象がありましたが、ベストパフォーマンスとは言えません。

力がある試合相手に真っ向勝負ではなく、「駆け引き」できる要素がどれだけあるのか、まだまだこの部分では改善点が必要です。そこに自信を持ってプレーできるように努力したいと思います。

試合をしていただきました比叡山高校サッカー部様、誠にありがとうございました。

また応援いただきました皆様、誠にありがとうございました。

FCエフォートU-15 TM vsラドソン滋賀 (U14.15)

FCエフォートU-15

TM vsラドソン

2020/6/21

・2部組

①エフォート0-3ラドソン

②エフォート0-2ラドソン

本日は水口スポーツの森にて、ラドソン滋賀様とのTMとなりました。

自粛期間を経て初のTMとなり、コンディションの回復が難しい中での試合ではあったものの、選手達のモチベーションも良く、雰囲気を作って試合に挑めたと思います。

1試合目は

立ち上がり、ボールをお互いに支配しようとする展開の中で、不用意なボールロストが目立ちました。局面での切り替えにより、またボールを奪い返す形はできたものの、やはり相手のプレッシャーを強く感じる試合内容となりました。

試合の中盤では、相手の速いプレスを回避するため、うまく前線にボールを送ることができました。しかしそのボールをしっかり納めることができず攻撃にリズムができませんでした。この部分は相手チームも簡単にはやらせてくれませんでした。

そして徐々にコンディションの差が見えてくると、前半の終盤に1失点と後半に2失点をしてしまい0-3のゲームとなりました。

相手ゴールを脅かす時間は少なく、個人のコンディションや個人の攻守において大きな課題が見えました。

2試合目は

1試合目より更に個人の攻防で差を感じるゲームとなりました。

フィジカルや技術において、劣る部分がある中で「駆け引き」が見られないプレーが多く、相手のプレーに抵抗する姿勢が欠けていました。

その結果、相手にやりやすい環境を与えてしまい、より難しいゲームとなってしまいました。

そういったゲームの中でも、闘おうとする選手が数名いたことはチームにとってプラスな材料となりましたが、もっと多くの選手が当たり前のように「駆け引き」をしながらプレーしてほしいと思いました。

スコアは前半に1失点、後半にも1失点となり、0-2で試合を後にしました。

自粛期間の前に大きな課題としていた、チームとしてコミュニケーションを取り、雰囲気を良くする、という部分は少し成長が見られました。

今後も意識しながら、個人の駆け引きの部分にも照準を当てて取り組んでいきたいと思います。

・3部

①エフォート0-1ラドソン

②エフォート0-0ラドソン

③エフォート1-4ラドソン

(福井)

試合前のミーティングでは

·攻守の切り換えのスピード

守備では

·前線からのチェイシング

·ブロックをつくってのプレッシング

·ゴール前での対応

攻撃では

·ショートカウンター

·ビルドアップとボールポゼッション

·突破のアイデア

を確認しました。

1試合目

試合への入りが良く、特に中盤で前線から連動した守備からのインターセプトが多く見られたことは大変良かったと思います。

一方で、せっかく奪ったボールを巧く攻撃へ繋げていくことがなかなか出来ずに膠着した試合となりました。

ボールを奪った後、素早く攻める事は重要ですが、相手の対応が早い場合は、チームでボールを持ち、動かすことで相手を動かしスペースを創りだし、そこを突いていかなければなりませんが、その部分はあまり巧くいきませんでした。ボールを奪ったが、奪われるということが多すぎて体力も削られたことは確かですが、ズルズル後退する場面が増え、後半途中にミドルシュートで失点し反撃もままならず敗戦する結果となりました。

2試合目

攻撃では開始直後から攻勢に出て何度かチャンスを迎えましたが、突破のプレーが巧くいかなかったり、ラストパスの精度不足から得点には至らず、徐々に相手にボールを握られることになりました。

守備に関しては特に、相手の攻撃に対して下がって守備する事が悪いわけではありませんが、守備時にFWとDFラインまでをコンパクトに保てない時間が続いたことは反省しなければなりません。DF陣の踏ん張りや相手のミスに助けられ結果的に失点はなく引き分けとなりましたが、自分達では気付けずにいたことは大変残念な部分でした。

またビルドアップやボールポゼッションの部分でも相手が近くにいても味方のサポートと協力して相手をいなしながらボールを捌いていかないとチャンスを創るのにロングボールからのカウンター攻撃一辺倒になりかねません。体力的にフレッシュな場合は可能ですが、体力は無限ではないので両方を使い分けられるようにしていきたいものです。

3試合目

守備ではセットプレーからの失点があり、マークの着き方や対応の仕方をもう一度確認しなければなりません。

またペナルティーエリア付近の守備ではキチンと戦術行動がとれるかをグループとして練習しなければなりません。

サッカーなのでミスはあり失点する場面はありますが、イージーミスからの失点は極力減らしていく方向で考えなければなりません。

攻撃では試合の後半はボールを動かして押し込みながらドリブル突破から得点することが出来、またコンビネーションからチャンスを作ることが出来ていたと思います。

コンディションを戻し、良い部分は伸ばし、良くない部分や改善すべき点は改善して選手達と共に戦っていこうと思います。

試合をしていただきましたラドソン滋賀様、誠にありがとうございました。

また応援いただきました皆様、誠にありがとうございました。

FCエフォートU-13 TM vs 栗東FC.LASTA滋賀

.

.

.

2020/6/21(日)

.

.

U-13 TM vs 栗東FC・LASTA滋賀

.

.

エフォート 4 vs 0 栗東FC

得点者:武田・村井(青谷)・田中柊・青谷(藤本)

.

エフォート 0 vs 1 LASTA滋賀

.

エフォート 2 vs 1 栗東FC 25分×1

得点者:茗荷・田中柊

.

エフォート 1 vs 4 LASTA滋賀

得点者:村井

.

.

本日のTMは、ホームグランドでの開催のためコート作りから始めました。

サッカーコートを作ることが初めての選手が多く、なかなかスムーズには行かなかったものの一人一人が役割を分担し、作り終えることが出来ました。次回からはスムーズにできるよう協力して欲しいと思います。

.

試合は、前日のTMの反省点を踏まえ個人の守備対応にフォーカスを当て挑みましたが、簡単にシュートを打たせているシーンや、自分のマークに背後をとられ失点しているシーンに関して、一人一人の意識や準備、予測が出来ていない選手、同じ事を繰り返している選手が目立ちました。

また、フィールドプレーヤーのみではなく、ゴールキーパーの飛び出す判断と思い切ったプレーが無く、無抵抗のまま失点してしまいました。

もう少し、一人一人がピッチに立つという責任感を感じてほしいと思います。

.

攻撃に関しては、少しづつ背後への飛び出しやショートカウンターで得点を奪うことが出来てきました。

しかし、決定機を逃す回数が多く得点力に課題が残りますが形になってきたと思います。

ビルドアップに関しては、相手を引きつけフリーの選手を作り出すことが出来ず、慌ててパスしボールロストにつながりました。この部分に関して、落ち着いて顔が上がるようにボールの運び方や技術の向上が必要です。

日々のトレーニングからパスを出すタイミングや、引きつけ方、タクティクスの理解度を上げていくことが課題となりました。

.

全体を通して、今日のトレーニングマッチのチームの雰囲気は疑わしいものがありました。

まだ小学生気分の選手が目立ち、サッカーに対しての取り組む姿勢が良くなかったと思います。

自分たちが決めたチームの目標から逆算出来ているのか、気づくことが出来ているのか。行動できているのか。

もう少しピッチ外の部分でも細部にこだわることが出来れば、ピッチ内でのプレーに変化が起こり成長につながると思います。

今後も選手同士の競争をしっかりサポートしていきたいと思います。

.

.

試合をしていただきました、栗東FC様、LASTA滋賀様

.

応援していただきました、保護者の皆様

.

.

誠にありがとうございました。

.

FCエフォートU-15

.

FCエフォートU-13 TM vs ラドソン・FTS

.

.

.

2020/6/20(土)

.

.

U-13TM vs ラドソン・FTS

.

.

エフォート 1 vs 2 ラドソン

得点者:武田(藤本)

.

エフォート 2 vs 4 FTS

得点者:田中柊・武田

.

エフォート 4 vs 0 FTS

得点者:田中柊(田中悠)・田中柊・藤本・茗荷(加藤)

.

.

本日は、新型コロナウイルスにおける自粛明けから最初のトレーニングマッチとなりました。

まず始めのミーティングでは、本日のテーマ「個人の守備対応」をもとに、チームでの決まりを確認し試合に挑みました。

.

自粛明けのため体が思うように動いていない選手が多数見られました。中にはパフォーマンスの高い選手もいたため、自粛期間中の時間の使い方に差が出ていたのではないかと思います。

.

試合は、守備をテーマとして置いていましたが球際の緩さが目立ち、簡単に背後を取られゴール前まで運ばれてしまいます。ゴール前でシュートを簡単に打たせてしまい、次々と失点してしまいました。

課題として、個人の守備における対応で簡単に入れ替わらないこと、リスク管理、ボールの奪い方と予測がまだまだ足りないと感じました。

.

攻撃の部分では、相手のチェイシングの速さに目線が下がってしまい、ボールがキープできずロストする選手が目立ちました。また、ドリブルの使い分けの部分で状況判断なしに突破のドリブルで突っ込んでしまう選手も見られ、タイミングよくパスを出せている選手が少なく感じます。

ゴールから逆算しプライオリティーの選択が出来ず、不用意なバックパスによりピンチを招くシーンも見られました。

課題として、目線が常に上がるように技術の向上とキックの質、判断スピードを上げるための準備や予測をしていかなければならないと思います。

.

緊急事態宣言等でサッカーができない期間がありましたが、それは相手も同じ状況です。言い訳せずに自分の技術とサッカーの理解度と向き合い、日々努力し続けて欲しいと思います。

.

.

試合をしていただきました、ラドソン様、FTS様

.

応援して頂きました、皆様方

.

.

誠にありがとうございました。

.

.

FCエフォートU-15

[緊急連絡] 新型コロナウイルス対策への活動自粛について

 【緊急連絡】

FCエフォートU-15の選手の皆様、保護者の皆様、いつもありがとうございます。

全国に緊急事態宣言が発令され、そういった事態におきまして、我々FCエフォートU-15としましても、感染拡大対策として4/27(月)までの約2週間の期間を自粛し、チーム活動の中止としていましたが、5月6日まで延期とします。

よって5月6日までの完全自粛となります。

選手、保護者の皆様には、ご迷惑をおかけすることになりますが、何卒お許し願います。

皆様のご理解をよろしくお願いいたします。

FCエフォートU-15 新型コロナウイルスによる活動自粛について

FCエフォートU-15

新型コロナウイルスによる活動自粛について

2020/4/8

昨日の政府による緊急事態宣言及び、滋賀県・京都府(当クラブ所属選手)の各地域中学校におきまして、休校対策が発表となりました。

そういった事態におきまして、我々FCエフォートU-15としましても、感染拡大対策として一旦、今週末4/11(土)〜4/27(月)までの約2週間の期間を自粛し、チーム活動の中止とします。

FCエフォートU-15