2021/1/16・17 U-14 TM vs FC湖東・スクデット

.

.

.

2021/1/16(土)

.

.

U-14 TM vs 湖東

.

1試合目 1-0

得点者:野々村

.

2試合目 3-0

得点者:OG・松波・松波

.

3試合目 0-2

.

.

2021/1/17(日)

.

.

U-14 TM vs スクデット

.

1試合目 5-0

得点者:野々村・中西・深津・壷井・中西

.

2試合目 3-0

得点者:山川・竹内・竹内

.

3試合目 4-1

得点者:勝部・原・福島・原

.

.

年が明け、初のトレーニングマッチを行いました。

各日、高円のリーグ戦に向けて流動性というテーマを設定し試合に挑みました。

.

まず外的要因の部分(芝生が雨で滑る状態や、ボコボコとしたグランド状態)から考える事を意識し、いい判断をするための準備を心がけました。

案の定、スリッピーな地面によるパスミスやズレ、ファーストタッチが上手く決まらないシーンが数多く見受けられ、試合展開としては、バタバタした立ち上げりとなりました。

徐々に時間が経つにつれ、ピッチコンディションに慣れていき、少しずつショートパスでのサイドの崩しが上手く入るようになってきました。すると、相手がコンパクトにする事ができず、中央でのコンビネーションが増え、相手に守備されにくいポゼッションを構築する事が出来たと思います。

まだ、守備のラインコントロールやリスク管理には課題が残るものの、終始緊張感のあるゲームが出来たと思います。

.

また、コンパクトブロックから素早いショートカウンターを意識した攻撃には、FWの選手の追い込み方が良かったため、再度の選手やDFラインの選手が意図的に奪いやすい状況にする事が出来ていました。しかし、奪った後のショートパスが合わず、攻撃に移れずに苦しい時間が続きます。

攻撃において、奪った後のパスの精度を上げる事と、スピードを上げるべきか、保持するべきかを見極めることが出来れば、バタバタしたゲームにならず、自分たちがゲームをコントロールできると思います。そうした部分が今後の課題ではないかと感じました。

.

全体的に、もう少し自分たちがボールを保持する時間を増やす為に、一人一人の切り替えの部分や技術の向上、そして判断スピードの向上に課題を置き、更にゲームの状況や味方の状況まで全体を把握できる選手になっていって欲しいと思います。

2日間を通して、テーマとして置いていた流動生の部分は少し達成出来ていたと思いますが、強度と精度を高めて行けたらと思います。

.

.

対戦して頂きました、FC湖東様・スクデット様

.

応援して頂きました、保護者の皆様方

.

.

誠にありがとうございました。

2021/1/16・17 U-13 TM vs FC湖東・スクデット・レイジェンド

試合結果

1月16日(土)

vs 湖東FC

1試合目

1ー1(0ー0、1ー1)

得点者 田中ゆ

2試合目

0ー2(0ー2、0ー0)

3試合目

0ー1(0ー0、0ー1)

1月17日(日)

1試合目

vs スクデッド

2ー2(0ー2、2ー0)

得点者 武田、赤堀

2試合目

vs レイジェンド

2ー0(2ー0、0ー0)

得点者 武田、花垣

3試合目

0ー1(0ー0、0ー1)

週末に新年が明けてから最初のトレーニングマッチを2日続けて行いました。

各日ともミーティングでは基本的な戦術の確認を行い試合に臨みました。

1日目の1試合目はフォーメーションの噛み合いの悪さから前半は押されぎみであったものの前半無失点で乗り切り、ハーフタイムで修正した後は押し気味になり、ゴール前でシュートのこぼれ球を押し込み先制でき、追加点を奪える機会もありましたが、決めきることができずにいたところ、自陣のペナルティエリアで不注意からハンドの反則を犯してしまいPKを献上し、引分けの結果となりました。

チャンスを決めきることができず、不注意から同点に追いつかれてしまい、大変残念な結果となりました。

2試合目は、守備時にコンンパクトにするためDFラインを上げるものの、前線との連動性が無い場面や、背後のケアを怠るという緩慢なプレーから2失点し、攻撃においては、パスの精度を欠き、相手の背後を突くことがなかなかできず無得点に終わりました。

全3試合において、寒さや小雨が降るコンディションではありましたが、決してプレーに影響を与えるほどの変化ではなく、全体的にパスやシュートでのキックの精度が良くないのは課題として残り改善していかなければなりません。

2日目は2チームと計3試合闘いましたが、

1試合目は、入りが良くなく守備ではセットプレーのこぼれ球を含め前半先に2失点する苦しい展開となりました。前線でチェイシングするも連動性がなく、フォーメーションを変更した後は多少の改善は見られたものの、ボールを奪ってからの攻撃や、ビルドアップ時に1タッチ2タッチでボールを動かす事がなかなかできず、相手の背後にも良い形で入る事ができずにいたので、後半の途中に数名のメンバーを変更したところ、交代したメンバーの意識が高く、良い準備をし、素早いサポートによる連動した攻撃のコンビネーション中で効果的に1タッチを使うことができ、2得点し追いつくことができました。ミスはあるものの積極的な姿勢で、ボールを奪ってからスピーディーにボールを動かし相手の背後を突く事ができていたので、大変良かったと思います。

2試合目は守備でしっかりボールを奪い、攻撃でもゴール前に両サイドからクロスが入る展開になり前半に2得点し、後半も失点を0にした点は良かったと思いますが、もう少しプレーの精度を上げていけば、もっと得点できたと思います。

3試合目は攻撃ではボールを動かし、相手陣内深くに侵入するものの、パスやシュートに精度を欠く場面が多く、残り5分で相手にセットプレーのこぼれ球を押し込まれ敗戦する形になりました。

2日間の課題としては、攻撃ではキックの精度やサポートの質、ボールを受ける身体の向き、守備ではチャレンジとカバーをもっと連動した形で発揮できなければなりません。また、セットプレーでの守備やこぼれ球に対しての予測や反応も改善の対象になります。

両ゴール前の精度や予測を含む反応の速さは、勝ち負けに直結する部分でもあるので、見過ごすことはできません。

リーグ戦の組み合わせも決まりました。時間の無い中で、意識を高く持ちトレーニングに励み、試合で成果を出せるよう期待します。

試合をして頂きました、FC湖東様・スクデット様・レイジェンド様

応援をして頂きました、保護者の皆様方

誠にありがとうございました。

2020/12/26(日) FCエフォートU-13 TM vs ヴェルヴェント・FTS

.

.

.

2020/12/26(土)

.

.

U-13TM vs ヴェルヴェント・FTS

.

エフォート 0 vs 6 ヴェルヴェント

.

エフォート 0 vs 0 FTS

.

エフォート 0 vs 0 ヴェルヴェント

.

エフォート 1 vs 1 ヴェルヴェント

得点者:田中柊

.

.

今回のTMは、年内最後となりテーマとしては、今まで積み重ねてきた事を自分たちがピッチ場で表現することをテーマとして試合に挑みました。

.

守備面では、球際の部分で粘り強さが出ずに負けている場面が多く目立ちました。そのため、押される時間が長く思うように狙いどころでボールを奪いきれず苦しい展開のまま失点してしまいました。また、DFラインの細かいコントロールが出来ず間延びしてしまいプレスバックでボールが奪えない状況を自分たちで作っていたことが修正できませんでした。そもそも、そのような状態に気付いていないということが問題です。どうしたら上手く守備が入るのか、戦術眼を向上していくことが課題となりました。

.

攻撃面では、所々でワンタッチプレーで打開する事が出来ていた部分がありました。そのため、サイドからの攻撃が多くクロスのキック力や質、決定的なシュートを決める技術とアイデアがFWやサイドの選手の課題となりました。

DF陣の課題としては、ビルドアップの安定化が挙げられます。受け手の立ち位置や相手を認識していない為に、パスを出してしまいボールロストを何回も繰り返してしまいます。要求することや自分がしたいプレーを周りに共有する事が出来ていないためロストに繋がります。チームスポーツのためコミュニケーションが取れない選手は上の学年や、要求度合いが高くなると厳しくなります。そうならない為にもしっかりとコミュニケーションと判断のスピードを上げられるようにして欲しいと思います。

.

最後に、上の学年に進むまでに出来ることを増やさなくてはなりません。さまざまなチームに対応できるように戦術面や技術面、メンタル面やフィジカル面を全てにおいてベースアップしなければ戦い方が限定されてしまいます。そうならないために、このオフ期間を使って自分自身を理解して欲しいと思います。何ができて何が足りないのか。その足りないことを補ういい期間にして欲しいと思います。

.

今年度もご迷惑やご負担をお掛けしましたが、コロナ禍という難しい時期にも関わらず、ご協力と激励を頂きまして誠に感謝いたします。

また、新年度も大変な時期が続くとは思いますが、皆様のご協力の下、精進して参りますので今後ともよろしくお願い致します。

.

.

試合をして頂きました、ヴェルヴェント京都様・FTS様

.

応援して頂きました、保護者の皆様方

.

.

誠にありがとうございました。

2020/12/20(日) FCエフォートU-15 TM vs 守山北高校

.

.

.

2020/12/20(日)

.

.

U-15 TM vs 守山北高校

.

1本目 0-0

2本目 0-0

3本目 1-0 岡田

4本目 1-0 西川(村上)

.

.

今回のTMは、高校生との試合となりました。ミーティングでは、相手がカテゴリーが上という事なので、しっかりとブロックを形成し、コンパクトにすることでプレスバックで奪う事と、攻撃に関してはサイドの関係でディープの取り方などを意識したサイド攻略をテーマに試合に挑みました。

.

試合の入りとしては、全体的にDFラインの押し上げが遅く間延びしてしまう展開となりました。そうなることで、相手のFWにボールが入りやすくなり、プレスバックが入らずになかなか奪いきれない立ち上がりとなりました。

しかし、DFラインのコントロールが上手く出来だすとオフサイドや相手のタイミングを外す事が簡単になり、TOPへのボールを軽減させる事ができていました。

そのように修正する事ができた事により、前線からのブロックプレスが入るようになり、狙いどころで意図的にボールを奪う事ができていました。

.

守備が入りだすと、奪った後のショートカウンターでフィニッシュまでプレーすることができていました。プライオリティーの共有ができていたため、背後への意識が強くFWの抜け出しや、サイドの斜めの飛び出しで、相手のラインを割る事ができていたと思います。しかし、決定機の逃しに課題が残るものの全体的に強度高くプレーができていたと思います。

.

高校サッカーに向けての準備期間となる中、モチベーションやコンディションの維持が難しい期間に入っています。その中で自分がどれだけ向上心を持ち続けられるかが鍵となります。

常に高校ベースを考え、行動しなければ入学してからでは手遅れになると思います。即戦力となれるよう一人一人が自覚し、残り少ないトレーニングに臨んで欲しいと思います。

.

.

試合をして頂きました、守山北高校様

.

応援して頂きました、保護者の皆様・エフォートOB様

.

.

誠にありがとうございました。

2020/12/20(日) FCエフォートU-13 TM vs クレアーレ・セゾン

試合結果12月20日(日)
本日は前日に引き続きTMを行いました。
午前
vs セゾン0ー0(0ー0、0ー0)
vs クレアーレ0ー0(0ー0、0ー0)
午後
vs セゾン4ー0(0ー0、4ー0)
赤堀 、佐野(村井)、村井(赤堀)、村井(江崎)
vs クレアーレ5ー3 (1ー3、4ー0)
青谷(茗荷)、佐野(田中し)、田中し(佐野)、村井(平澤)、佐野

ミーティングでは基本的なプレイモデルと、普段から指摘されている課題や、前日のTMからの改善点を1人1人意識し、また一つのチーム(グループ)として行動し相手チームと闘えるよう話をしました。

午前2試合
特に前日のTMでは本数が進むにつれ失点する場面が多くなっていたので、まず不注意なミスを無くす事、ゴール前での粘り強さ、ブロックの中でのチャレンジ&カバーのスピード、球際での頑張り、またお互いにしっかりコミュニケーションを取り合う事など、主に守備面に関して意識し試合に臨みました。
1試合目
ほぼ互角の戦いで得点のチャンスはありましたが残念ながら決められずに引き分けとなりました。守備面では相手のドリブルに対して粘り強く対応できていたと思います。攻撃面でのゴール前の質と精度に課題が残りました。
2試合目
ボールを握られ終始押されぎみで試合は進みましたが、粘り強い守備、球際の強度でも対抗し、シュートは打たれたもののGKの奮闘もあり、守備面ではなんとか無失点で終わる事ができました。
攻撃面では中盤でボールを奪った後のカウンターで何度か背後に抜け出しシュートまで行きましたが、最後に慌ててしまいゴールの枠を外してしまう局面がありました。メンタル面を含めたクオリティーが求められた場面でした。

午後2試合
午前中の2試合では無失点で、守備の面では粘り強く対応できるようになってきていたので、午後の2試合では守備面では維持しつつ、特に攻撃面で相手がハイラインの場合の破り方の工夫や、相手の背後を突くためのミドルパス、相手陣内に深く入った後のクロスボールの工夫などの指示をして試合に臨みました。
1試合目
前半はボールを動かしワイドに展開でき、クロスボールからチャンスを創ったり、背後に抜け出すことができましたが得点ができませんでした。後半になりドリブルで抜け出し、本日初めての得点ができると、積極的な前線のチェイシングからボールを奪いチャンスを創ったり、ボールを動かしながら相手のハイラインの背後を突きスルーパスから抜け出して冷静にシュートを決めることができました。
2試合目
前半は相手のドリブルやコンビネーションに対して粘り強い守備で対抗していたものの、マイボールのミスから本日初めての失点を招くとショックからなのか、少しずつ球際の強度が落ち、対応が遅れ気味になり、続けて失点することになり、このあたりはメンタル面においても課題が残りました。攻撃面においては相手のハイラインに対しての工夫が足りず、オフサイドに掛かる場面や飛び出しとのタイミングが合わない場面が多くありました。それでもチャンスが創れていたので、諦めず前半の最後に1点返せたのが後半のモチベーションになり、前半より攻撃では相手のハイラインに対しての少しの工夫と、守備では積極的に粘り強く対応して球際の強度を保ち、ボールを奪い、動かし、突破するというサイクルが上手く回るようになっていました。

さて、結果的に午前は2引分、午後は2勝となり、守備も攻撃も試合を進めていくなかで少しずつ進歩できたようですが、まだまだ足りない部分も多くあります。日頃のトレーニングの取り組みに関しても個々に課題も残ります。
この二日間で多くの試合があり、相手も違い、こちらのメンバー構成や、フォーメーションもいろいろあり、覚えないといけない事、やるべき事も盛り沢山ありますが、全てはサッカーを楽しんでプレーするために必要な事です。
是非、今後も積極的に取り組んでくれることを期待します。

対戦をして頂きました、クレアーレ様・セゾン様
応援をして頂きました、保護者の皆様
誠にありがとうございました。

2020/12/19(土) FCエフォートU-13 TM vs Jマルカ京都

試合結果12月19日(土)
vs Jマルカ(25min×6本)
0ー0
0ー0
0ー4
0ー0
0ー2
1ー3 得点 青谷
本日は京都の強豪チームとのTMを行いました。
ミーティングでは守備と攻撃のプレーモデルを再確認し送り出しました。

1本目、2本目は前線での積極的な守備や、中盤でコンパクトなブロックを形成し、ボールを奪ってからのショートカウンターによりチャンスを創りゴール前の決定機を
2度、3度と迎えましたがいずれもシュートの精度を欠き、得点することができずに終わりました。
ゴール前、特に得点をするための最後の部分でのメンタル的な落ち着きや、技術の選択を含めたクオリティーを上げていかなければなりません。

3本目になり相手選手のレベルが一気に上がると攻守において個人のフィジカル面のスピードや強さ、技術面での精度において圧倒され、こちらも対抗して守備網を築くものの突破されシュートを打たれるという流れになりました。個人で少し追いつかないならグループでもっと強固な守備網を構築しなければなりませんが、ここはチャレンジ&カバーのスピード、球際の強度、選手同士のコミュニケーションを含め改善していかなければなりません。

4本目以降の攻撃面においては、相手のボールへのプレスに対してビルドアップからの攻撃の形を創る事ができず、またそれを打開するべく背後や前線にワンタッチでミドルパスやロングパスを入れるもキックの精度を欠いたり、前線で踏ん張って攻撃の起点を創る事がなかなかできずに終わりました。最後に1得点できたものの、このあたりも改善の要素として、またトレーニングに励み、試合で実践するべく取り組みたいと思います。

試合をして頂きました、Jマルカ京都様
応援をして頂きました、保護者の皆様方
誠にありがとうございました。

2020/12/13(日) FCエフォートU-13 TM vs SAGAWA

.

.

.

2020/12/13(日)

.

.

TM vs SAGAWA

.

エフォート 0 vs 1 SAGAWA

.

エフォート 0 vs 1 SAGAWA

.

エフォート 0 vs 1 SAGAWA

.

エフォート 0 vs 0 SAGAWA

.

エフォート 0 vs 1 SAGAWA

.

.

今回のテーマは、昨日に引き続き守備はブロック守備の形成と攻撃はビルドアップ時の前への意識と、ゴール前の崩しをテーマに挑みました。

.

守備面では、DFラインのコントロールが遅かったため、全体的に低い位置取りになってしまいます。そのため、FWのプレスをかけても連動できずに簡単に剥がされてしまいます。そして遅れてプレスに行く事になり後手を踏む形となりました。

また、コンパクトにできずにいたため、プレスバックで奪うシーンが少なく感じました。

課題としては、DFラインのコントロール(相手の状況に応じて細かく)や、狙いどころの共有、そして個の守備能力向上が必要だと感じました。

.

攻撃に関しては、ビルドアップ時に安全に受けようとする意識が強かったため、全員が下がって受けようとする事によりビルドダウンに繋がってしまいます。そのため相手のプレスをまともに受ける事で、自ら慌ててボールロストをしてしまいます。

この悪循環から打開するためには、サポートの3原則の再確認と相手・味方・スペースの認識。認識するための視野の確保と体の向き、そして個の能力の向上をしなければビルドアップの安定へと繋がらないと思います。その個人のベースアップができて初めて、グループ・チーム戦術の強化につながると思います。

一番強化しなければならない事は。一人一人のパスレンジ(キックの距離)を伸ばさなければ先に進みません。どうしたら強いボールが蹴れるようになるのかを分析して欲しいと思います。

そうしてより多彩な攻撃パターンが増え、自分たちのゲーム運びができるのではないかと思います。

日頃のトレーニング時間外で行わなければ、下の学年にこされてしまいます。そうなりたくなければ、時間の使い方に気をつけて行動して欲しいと思います。

.

.

試合をして頂きました、SAGAWA様

.

応援をして頂きました、保護者の皆様方

.

.

誠にありがとうございました。

FCエフォートU-15 5期生GK大募集!!

日頃よりFCエフォートU-15にご興味をお持ち頂きまして、誠にありがとうございます。

たくさんの体験参加、改めて感謝致します。

誠にありがとうございました。

定員数には達したものの、GKに関しては再募集をする事となりましたのでお知らせ致します。

ご興味がある方は、一度体験にお越し頂けると幸いです。

なお、募集は3月まで行っておりますのでご気軽にご連絡ください。

是非、FCエフォートU-15で活動しましょう!!

FCエフォートU-15 体験参加連絡

@644urlme

こちらの公式アカウントよりお申し込みください。

2020/12/12(土) FCエフォートU-13 TM vs 八幡西中・ヴェルヴェント

.

.

.

2020/12/12(土)

.

.

TM vs 八幡西中・ヴェルヴェント

.

エフォート 2 vs 1 八幡西中

得点者:田中悠(村井)・青谷

.

エフォート 2 vs 0 八幡西中

得点者:武田(加藤)・武田(佐野)

.

エフォート 0 vs 2 ヴェルヴェント

.

エフォート 0 vs 1 ヴェルヴェント

.

.

本日のテーマは、前回のTMと同様に前線への意識とゴール前での崩しをテーマとして試合に臨みました。

.

まず守備面では、コンパクトブロックを形成するにあたってのDFラインのコントロールが曖昧な部分がありました。細かくラインを上げ、相手のFWのタイミングを失わせる事ができず、簡単にTOPへのボールを許してしまいます。

また、蹴られそうなボール状況の時に立ち止まったままで背後へ簡単に蹴られてしまう場面もあり、細かいラインコントロールの修正が必要だと感じました。

.

攻撃の部分では、出し手と受け手の関係が共有できておらずパスのズレや判断が遅れボールロストが非常に多く感じました。

また、ビルドアップの際にセンターバックのポジショニングが下がり過ぎ、ビルドダウンする形になってしまい自ら前押しされる状況を作り出していました。

前押しを打開するためにワンオン(相手の背後を狙うロングボール)を試みますが、ボールが蹴れない選手が非常に多いと改めて痛感しました。

.

全体的に戦術やシステム論などタクティクスの部分に関しては、選手一人一人の技術が高くないと反映する事ができません。

サッカーをしているのにも関わらず、止めて蹴ることができないと先に進めません。

どうすれば蹴れるようになるのかを分析し、キックの飛距離をあげる事でプレーの幅も広がると思います。ベースの部分の向上を今以上に取り組んで欲しいと思います。

.

.

試合をして頂きました、八幡西中様・ヴェルヴェント様

.

応援して頂きました、保護者の皆様

.

.

誠にありがとうございました。

2020/12/6(日) FCエフォートU-13 TM vs レイジェンド

.

.

.

2020/12/6(日)

.

.

TM vs レイジェンド

.

エフォート 0 vs 1 レイジェンド

.

エフォート 0 vs 1 レイジェンド

.

エフォート 1 vs 2 レイジェンド

得点者:青谷

.

.

本日のTMでのテーマは、テスト勉強で休みが多数いる中での試合となり、一人一人のタフさ(プレー強度やフィジカル強度)が求められる試合となりました。

戦術面では、しっかりとしたコンパクトブロックで取り所の共有と、プレスバックで奪い切る部分をテーマに挑みました。

.

守備面では、コンパクトにするためにDFラインの押し上げを速くするのか TOPダウンをするかの共有が出来ておらず間延びしてしまい、なかなかボールに対しての守備がかからない展開となりました。また、ボランチの守備の幅がまだまだ狭い為FWが相手ボランチまで下がって守備をすることが多く感じました。

.

攻撃面では、前線を意識することはよくできていました。しかし、FWのキープ力が相手DFより劣っていたため、サイドハーフやサイドバックがあがるタメができず、攻撃に厚みが出ない展開となりました。また、FWが下がりすぎて守備をしてしまう状況になったため、奪ってからのターゲットが定まらずにショートカウンターへ移行できず、打開ができなかったのが課題となりました。

.

全体的に、前への意識は継続し前線に入れるためにはどうすればいいのかという選択肢の数を増やせるようにし、その中で効果的な判断を選択できるようになって欲しいと思います。

.

.

試合をして頂きました、レイジェンド滋賀様

.

応援して頂きました、保護者の皆様

.

.

誠にありがとうございました。