FCエフォートU-13 TM vsカラーズ滋賀

.

.

.

2019/5/18

.

.

TM vs カラーズ滋賀

.

.

1試合目 1-1

野々村

.

.

2試合目 4-0

山川・塚本・船橋・塚本

.

.

3試合目 1-1

野々村

.

.

4試合目 0-0

.

.

.

本日は、日曜日にU-14 のTMに参加する選手の選考を含めたTMとなり、それぞれがパフォーマンスを発揮出来る為の準備をテーマに試合へ臨みました。

.

守備に関して、試合終盤でも切り替えの速さや連動してボールを奪う事が出来ていました。少しずつですが、守備においての個人技術が付いてきていると思います。しかし、ボールを奪う回数が増えてきたものの、奪った後すぐにボールロストしてしまう場面も多かったため、守備の回数が多くなり自分たちのペースが掴みづらい傾向にありました。

.

攻撃に関して、アグレッシブにドリブルで仕掛け、上の学年相手にビビらず立ち向かう姿勢が見られました。しかし、相手のバイタルエリアでのバリエーションは増えてきましたが、精度とスピードが欠けていました。ここの精度を高めることにより得点率も上がると思います。

今後の課題として、修正し日々のトレーニングから意識していきたいと思います。

.

.

試合をして頂きました、カラーズ様

.

応援して頂きました、皆様方

.

.

誠にありがとうございました。

.

.

FCエフォートU-15

.

.

FCエフォートU-13 若狭カップ

.

.

.

.

2019/5/5

.

.

若狭カップ@福井県立大学小浜キャンパス

vsレインボー若狭・WACHI FC

.

REBULA vs レインボー若狭 0-1

.

BASARA vs WACHI FC 12-0

塚本(飯田)・塚本(樋口)・塚本・本田(飯田)・OG・塚本(中西)・飯田・松波・福島(吉野)・飯田(藤)・飯田

.

BASARA vs レインボー若狭 4-0

福井(福島)・中西(山川)・山川・神内(山川)

.

REBULA vs WACHI FC 8-2

澤(福田)・衣笠・庵原・庵原・庵原・原(庵原)・澤・庵原

.

REBULA vs レインボー若狭 1-0

原(壷井)

.

BASARA vs WACHI FC 12-1

中西・中西(吉野)・山川(船橋)・山川(船橋)・山川・山川(塚本)・松波・塚本・山川(塚本)・松波(山川)・飯田・松波(勝部)

.

.

.

本日は、GWの締めくくりとなる試合となりました。強化合宿からそれぞれに課題が生まれ、それに対してどう意識して取り組むかが大事と確認し、試合に臨みました。

.

レインボー若狭は、上の学年の選手も混ざっており体格に差がありました。その中でどう戦うかを選手一人一人が確認し挑んでいました。

攻撃に関しては、積極的にチャレンジしドリブルの使い分けがうまくできていたように思います。しかし、ドリブルかパスなのかという判断が遅く、ボールロストしてしまう場面が多く見られました。

守備に関しては、ゴール前で粘り強い守備から、体を張ったプレーが見られ簡単にシュートを打たせないプレが見られました。一方、個人の守備戦術の部分で飛び込んで抜かれる場面や、ワンサイドカットしている方向に抜かれてしまうなど、ベースの部分での引き上げが課題となりました。

.

WACHI FCは、全員で10名しかいなかったため人数を揃え正々堂々戦えるよう10対10の試合となりました。

攻撃に関しては、シュートで終えられ、得点につながったこと。こぼれ球を押し込み得点を量産できたことが良かったと思います。しかし、決定機をたくさん逃していたことや、クロスからの得点が少なく、バリエーションがなかったことが課題です。

守備に関しては、前線からのチェイシングでボールが奪えていました。ですが、全員が前のめりになり、1発で背後を取られ失点してしまいました。せめている中でもリスク管理が課題となり、コミュニケーション不足だと感じました。

.

こうして、GWの強化合宿、TM、CUP戦の全日程が終了致しました。それぞれ課題が明確になるとてもいい期間だったと思います。その課題に対してどう取り組むかは選手次第だと思います。

.

.

試合をしてくださりました、レインボー若狭様、WACHI FC様

.

応援してくださりました、皆様方

.

.

誠にありがとうございました。

.

.

FCエフォートU-15

FCエフォートU–14 豊田遠征

FCエフォートU-15

U-14 豊田遠征 東海地区GWサッカー交歓会
 
vs名東クラブ 0-2

vsシエロ 1-0
《得点者(アシスト)》
西川

vs名東クラブ 0-1


本日も、愛知県豊田市にて開催されております
2019東海地区GWサッカー交歓会に参加致しました。

今回も昨日と同様に「スイッチ」をテーマにゲームに臨みました。

攻撃の部分ではボランチからのパスでリズムを作り出すことが出来てきましたが最終的なラストパスや動き出しが遅く合わないといった場面が多く得点に繋がりませんでした。


守備の部分ではボールを奪うために「どのエリアで奪うか」をミーティング時に共有し、そのためにプレススピードの変化をつけることを行いました。
奪いたいエリアを共有している事で狙いを持って守備が出来ており、上手く奪うことができ攻撃に繋げることが出来ました。
ですが、パスの移動中に距離を詰めるのが遅くロングボールを簡単に蹴らしてしまう場面や、立ち位置・予測が疎かになりスピードを上げられないといった場面も見られました。


試合を通じてボールが動いている時に予測をして、いい準備をすることをもっと意識をして欲しいと思います。

少しずつですがチームとして前進していると思いますが、他チームはもっと早いスピードで前進している思います。
自分たちが最高学年になるのもあとわずかです。
これからの期間は大きく成長する期間です。そのためにもこれからの過ごし方は大切になってきます。
一年後自分たちが目指す所に到達できるように日々のTRに臨んで欲しいと思います。


試合をして頂きました名東クラブ様、シエロ様、誠にありがとうございました。

大会に招待していただきました豊田AFC様、2日間ありがとうございました。

応援してくださる皆様、誠にありがとうございました。

FCエフォートU-13 TM vsBSC

.

.

.

2019/5/4

.

.

U-13 TM vsBSC

.

1試合目 2-1

飯田(澤)・澤

.

2試合目 3-2

庵原(福島)・福島・福島(藤)

.

3試合目 3-1

庵原・庵原・澤(庵原)

.

4試合目 0-2

.

.

本日のTMは、2つの会場に分かれてのTMになりました。強化合宿後初めての試合になり、最近のテーマである守備の部分(チャレンジ&カバー)や、攻撃の部分(ドリブルorパスの判断)をミーティングで確認し試合に臨みました。

試合の中で、チャレンジ&カバーを意識し自分たちで実行していた部分は各所で見られました。チェイシングスピードもよく連動し2、3人でボールを奪いに行き、自分たちのボールにできていました。

攻撃に関しては、それぞれがチャレンジしドリブルスピードもよくなってきています。フィニッシュまで行く回数も多くなり攻撃にバリエーションが増えてきていると思います。

.

守備に関しての課題は、チャレンジ&カバーでチャレンジする際に方向限定(ワンサイドカット)が明確ではなかったり、カバーの距離やコーチング、奪いに行く際に簡単に飛び込んで抜かれてしまうことが多くあるので、改善していく必要があります。

攻撃に関しての課題は、3つドリブルの使い分けの判断が的確ではない場面が見受けられます。相手のプレッシャーがある中で判断をしていかないといけません。しかし相手のプレッシャーでバタバタしてしまうのが現状です。そうならないためにこの技術スキルをあげ、余裕を生み出す必要があります。

.

まだ圧倒できる力が足りないので、この技術を高めチーム内での競争も忘れず、日々成長してほしいと思います。

.

.

試合をして頂きました、BSC様

.

応援してくださりました、皆様方

.

.

誠にありがとうございました。

.

.

FCエフォートU-15

FCエフォートU-13 TM vsラドソン・クレアーレ

.

.

.

2019/5/4

.

.

U-13 TM vsラドソン・クレアーレ

.

1試合目 1-1

野々村(松波)

.

2試合目 2-0

松波・山川

.

3試合目 2-6

野々村・壷井(平永)

.

4試合目 2-2

中西・中西

.

.

試合前にはコート作りからスタートしました。

役割を決め、短時間でコートを作ることができました。まだ行動力にバラツキはありますが、少しずつ人間力の成長を感じています。

.

.

試合では現在取り組んでいる守備の部分(チャレンジ&カバー)と攻撃の部分(ドリブルorパスの判断)を確認し、試合に挑みました。

相手のシステムに戸惑う試合展開もありましたが、声を掛け合い、連動した守備が各所で見られました。

また攻撃においても、チャレンジする姿勢を忘れず、ドリブルとパスを使い分け、スピードのある攻撃ができていました。

.

守備の課題としては、相手のドリブルに対して、簡単に入れ替わるような場面が多かったところです。「奪う」のか「遅らせる」のか、守備のチャレンジにおいても判断があり、その対応能力を改善していきたいと思いました。

.

攻撃の課題としては、相手の速いプレッシャーに対して、プレーの精度が落ち、ボールロストが増えた部分が改善点です。”余裕を持つこと”と”遅いこと”はイコールではなく、相手の守備の狙いを外す最善の判断が求められます。今日の様な速い相手に対しては特に速い判断が求められ、そのための個の技術や身体的なスピードも、更に強化する必要があると感じました。

.

スコアを見ても、まだまだ個の能力や、個のスピードにおいて劣る部分が多いですが、少しずつ改善し良い選手、そして良いチームになっていけるように努力していきます。

.

.

試合をして頂きました、ラドソン様、クレアーレ甲賀様

.

応援して頂きました、皆様方

.

誠にありがとうございました。

.

.

FCエフォートU-15

FCエフォートU-13 強化合宿 総括

FCエフォートU-13 強化合宿 総括

2019/4/30~5/2

FCエフォートU-15に入団してから約1ヶ月が経ち、初めての合宿となりました。

それぞれのジュニアチームから37名の選手が入団し、TR・TMをしてきました。今まで敵同士だった選手がチームメイトになり、新しい刺激がある中で競争して行かなければなりません。

そういったことに打ち勝つメンタルや、フィジカル、技術を養うため奈良県にある、下北山スポーツ公園での強化合宿を行いました。

強化合宿1日目

午前9時に出発し、片道4時間かけ山道を抜け奈良県下北山スポーツ公園へ到着しました。

温泉やキャンプ場、テニスコートや野球場、近くには天然芝のグランドや人工芝のサッカーグラウンドが揃った素敵な施設でお世話になりました。

到着して休憩を挟み、初日のTRを行いました。長時間の移動ということもあり始めのウォーミングアップでゆっくり汗を流し体を起こしました。

だいぶ汗が出てきて動けるようになった後、シュートや3対3でハードに追い込みました。メンタル的にもフィジカル的にも限界のラインをアップする事がテーマであり、選手一人一人がひたむきに向き合っていました。

TRが終わると、選手たちが楽しみにしていた夕食のBBQでお肉を焼きながら話が盛り上がっていました。この学年は、自己主張できる選手が多く感じられ、仲がよく感じられます。こういうところからチームワークにつながるといいと思います。

夕食後、こういう機会にしかできないミーティングを行いました。内容は、以前の試合の映像を分析し、自チームのできた事や課題、相手チームの目線で足りなかった事、それに対してどういう対策を打つかという事について、グループワーキングを行いました。それぞれグループで発表した後、明日にTMを控えているためチーム別にテーマを自分たちで決めました。

自分たちで決めたテーマに責任を持ち、プレーで表現しようと選手たち自身でモチベーションを上げていました。

代表からは、サッカー選手のあり方、スタンスの違い、意識づけについて細かく指導して頂きました。目指すものを再確認できた時間になったと思います。

強化合宿2日目

朝5時に起床し、6時前からフィジカルTRを開始しました。現代のサッカーで必要不可欠なスピードを培うため、ショートダッシュやミドル距離のダッシュ、ターン動作やアジリティなどの実践に必要な動作をこの年代からする事で、筋肉や神経に刺激が入り成長していくことを目的とし行いました。

朝早いですが、精力的に動いていた印象を受けました。

フィジカルTRが終わり、壊れた筋肉を食事で回復させ大きくしていくという話を選手たちに伝えると、食事もTRという選手もおり食育に関しても勉強できていました。

朝食後は、奈良県橿原市をホームタウンとする、ポルベニルカシハラ様とTMをしました。天候が良くありませんでしたが、人工芝のピッチコンディションが素晴らしく、ほとんど天候の影響を感じさせないピッチでした。

昨夜のミーティングで自分たちで決めたテーマをもとに試合へ臨みました。

TM vsポルベニルカシハラ

1試合目 5-1

野々村・野々村(松波)・野々村・衣笠・飯田(竹内)

2試合目 2-0

塚本・壷井

3試合目 3-3

佐々木・本田・飯田

4試合目 8-0

塚本・庵原・塚本・山川・塚本・福田・藤田・勝部

5試合目 7-2

野々村(衣笠)・塚本(野々村)・山川(野々村)・中西・澤・福田・壷井(飯田)

6試合目 4-3

中西(中西)・野々村(中西)・野々村・中西

試合が終わり夕食を済ますと、本日のミーティングでは自分たちが決めたテーマをもとに、何ができて何ができなかったのか、課題に対してどういう対策をすればいいのか、選手一人一人に考えを発表してもらいました。

発表する内容で、どういう人間性なのか、論理的に整理して話せる選手はいるのかということに注目しながら聞いていました。中には、論理的に整理して話せる選手がいましたが、大体の選手は話がバラバラです。こういう事ができるようになってくると、戦術理解度も高まってくると思っています。細かいところではありますが、意識するだけで大きな差に繋がってきます。今後も心がけて分析してほしいと思います。

強化合宿3日目

合宿最終日も早朝よりフィジカルTRからスタートしました。昨夜のミーティングでフィジカル要素がどれだけ大切かということを認識し、する意味を理解した選手もいましたが全員ではありません。ごくわずかな人数でしたが行動に移している選手もいました。

フィジカルTRも終え、朝食をとり最終TRに臨みました。最後のTRは昨日のTMから得た課題をもとに、守備の個人技術・戦術をテーマに細かく指導しました。初めて教えてもらう内容だったとは思いますが、徐々に要求度が上がってきています。そこで理解できる選手、理解しようとする選手、わからないまま過ごす選手、それぞれいます。今は少しの差がのちに大きな差になってくると思います。そうならないため今のうちに理解する癖をつけていかなければいけません。当たり前のことを当たり前にできる選手になっていってほしいと思います。

こうして強化合宿の全日程が終了し、滋賀県大津市へと帰路につきました。

総括

総括として、FCエフォートに入団し初めての合宿を過ごした中で、人間性の部分で、遅刻や過ごし方、サッカー的要素でフィジカルや技術などプロ選手を目指す上で必要な要素を勉強できたと思います。また、個人の課題が明確になったと思います。その課題に対して、どのように改善し、対策を考え、行動に移せるかだと思っています。考えるだけは誰でもできますが、行動に移すまでが大事だと思っています。成長するにはこういうことの繰り返しです。チーム内での競争も激しくなってきているのも事実です。勝ち残るために一人一人が真摯に向き合ってほしいと思います。

ご協力頂きました、下北山スポーツ公園スタッフ様

TMをして頂きました、ポルベニルカシハラ様

応援、ご協力して頂きました、皆様方

誠にありがとうございました。

引き続き、FCエフォートU-15をよろしくお願い致します。

FCエフォートU-15

FCエフォートU–14 TM vs新堂中学校

FCエフォートU-15

U-14 TM vs新堂中学校

1試合目1-0 日盛

2試合目 0-1

本日は数少ない人数で2試合を戦うという中でのTMとなりました。

 

1試合目は相手のプレッシャーも緩く余裕を持ってボールを保持することが出来るゲームとなりました。
その中で上手くボランチやサイドハーフの「浮き」を使ってワンクッション入れることでスイッチとなり、スピードを上げれるよう取り組みました。

 

サイドバックの効果的な上がりからサイドをとりクロスをあげる所までは行くことが出来ましたが
最後の部分での質が低く1得点に留まりました。

2試合目も1試合目と同様にボランチからのゲームメイクを出来るように望みました。
ボランチ間でのパス交換からボールを動かしタイミングを作ろうとする中で準備が遅くパスがズレることや、アクションを起こせずいいタイミングでパスが出せないといった状況になる場面が多くなかなか前に運べないゲームとなりました。

前線にボールを運べない中で、自分たちのパスミスからカウンターを受け失点してしまいました。

ファーストコントロールやボールをキープする技術の向上に加え、ボールを持っていない時の素早い動き・アクションを起こすための準備と予測の質を高めることが必要です。

GWの試合はまだまだ続きます。
課題に向き合い一つ一つ課題をクリアしていければと思います。

試合会場を提供していただきました立命館守山中学校様、誠にありがとうございました。

試合をして頂きました新堂中学校様、誠にありがとうございました。

応援してくださる皆様、誠にありがとうございました。

FCエフォートU-13 TM vsレイジェンド滋賀

2019/4/28(日)

.

.

TM vsレイジェンド滋賀

.

.

1試合目 3-1

壷井・壷井・塚本

.

2試合目 3-1

野々村(中西)・中西・中西(木村)

.

3試合目 1-1

塚本

.

4試合目 9−1

野々村・木村・野々村(衣笠)・福井・野々村

衣笠(野々村)・野々村(松波)・澤(野々村)・木村

.

.

.

本日はGW最初のTMとなり、たくさんのゲーム日程が組まれている中、いい勢いをつけれるように共有し、TRからのテーマで守備の個人技術・戦術をミーティングで確認し試合に臨みました。

.

前回のTMでの課題として、個人の守備・戦術を重点的にTRで取り組み、主にチャレンジ&カバーをテーマにしてきました。チェイシングスピードは非常に速くなってきていますが、ボールを奪い切ることができず逆カウンターから失点する場面が多く見受けられました。

.

結果的に連動したチェイシングからボールを奪い、ショートカウンターで得点は奪えるようになり、自分たちの形にはなってきています。しかし、失点パターンは前回と同様、チャレンジするもののカバー意識が薄いため、そこに空いたスペースを使われカウンターで失点します。

.

全体的に、個人の守備戦術を強化しチーム全体で共有することが今後の課題になったのではと思います。

.

.

試合をしてくださった、レイジェンド滋賀様

.

応援をしてくださりました、皆様方

.

誠にありがとうございました。

.

.

FCエフォートU-15