FCエフォートU-13 TM vsMIO草津 vsラドソン滋賀 vsヴェルヴェント京都

FCエフォートU-13

2021/5/22.23

<5/22>

TM vsMIO草津

①エフォート0-4MIO

②エフォート2-5MIO

(住、根岸)

③エフォート0-8MIO

④エフォート0-4MIO

<5/23>

TM vsラドソン滋賀 vsヴェルヴェント京都

①エフォート0-0ラドソン

②エフォート1-0ヴェルヴェント

(中嶋)

③エフォート2-4ラドソン

(河端、住)

④エフォート4-1ヴェルヴェント

(根岸、末田、邑楽、澤井)

先週末のU-13カテゴリーはMIO草津様、ラドソン滋賀様、ヴェルヴェント京都様とのTMとなりました。

滋賀県や京都府を代表するチームとの連戦をどのように戦い、また良い経験として成長できるかが試される試合となりました。

テーマは「プレッシャーの回避」、「出場時間内を全力で戦う」、「チームのプレイモデルの遂行」としました。

<課題>

守備の面で、

個において相手の攻撃力とこちらの守備の対応力に差がありましたが、その部分をケアするためのグループでの対応力を感じるシーンはありました。

しかし、ゴール前などの局面においての個の部分では、特にスピードに差を感じ、それが結果としてスコアに出ていました。

相手の速い攻撃にも対応する力をしっかり身につけていきたいと思いました。

また全体として、普段からプレイモデルを軸に駆け引きをしている部分である「ハイプレッシャーとゾーンDF」の重要性に気づいてもらえる試合となりました。

単純な守備では簡単に裏返されてしまうシーンが多く、相手の攻撃のストロングを引き出すきっかけにもなっていました。

この部分も高いレベルの中でしっかり駆け引きしてほしいと思いました。

攻撃の面は、

守備の面でもありましたが、まだまだ個の攻撃力が通用しない局面が多く、フィジカルやテクニックの部分で努力が必要だということに改めて気づくことができたと思います。

プレイモデルの共有として、ビルドアップの考え方としては、相手の守備を交わす判断やプレーが見られました。前回と同様に、ビルドアップから失点するシーンもまだまだありますが、少しずつ理解とプレーの具現化ができるようになっています。

もっと力をつけて、自分達のスタイルを良い形で出せるようにしたいと思います。

最後に

今回のTMでも大きく感じたことが、個人の成長の必要性です。

やみくもに「個人の成長」では、どこに向かえばいいのかが不明確となります。しかしプレイモデルを軸とした要素(テクニック、タクティクス、フィジカル、メンタル)の成長は、彼らにとって目指すべきものとなり、気づき取り組むべきものがあります。

個性があり、個によって伝えている要素は違いますが自分を知り、時間を大切にして自分の成長に繋げてほしいと思います。

試合をしていただきましたMIO草津様、ラドソン滋賀様、ヴェルヴェント京都様、誠にありがとうございました。

また応援いただきました皆様、誠にありがとうございました。

FCエフォートU-13 TM vsレイジェンド vsFC湖東

FCエフォートU-13

2021/5/15

TM vsレイジェンド vsFC湖東

エフォート1-0レイジェンド

(河端)

エフォート1-4レイジェンド

(末田)

エフォート6-0湖東

(末田、根岸2、東野2、小林)

エフォート0-1湖東

エフォート0-4レイジェンド

エフォート1-4湖東

(神内)

先週末のU-13カテゴリーはレイジェンド様とFC湖東様とのTMとなりました。

GW以降のTMとなり、1週間半のTRで積み上げてきた部分をどれだけプレーで具現化することができるかが試される試合となりました。

テーマは「個の勝負(デュエル)」、「出場時間内を全力で戦う」、「チームのプレイモデルの確認」としました。

さらに、このテーマを軸に11人サッカーに慣れてきた中で”やりたいこと”と”やるべきこと”の理解を求めています。

<課題>

守備の面で、

前回と同様に1stアプローチのスピードや対応に成長が見られました。TRでの効果が出ているので継続して伸ばしていきたいと思います。

しかし、グループや全体として「連動」が遅れるシーンが多々見られます。ボール状況によって近くの選手をつかまえるのか(マンツーマンDF)、ゾーンを守りながら狙いをもって素早くアプローチするのか(ゾーンDF)の判断が遅いです。守備のオフザボールもプレイモデルの中で共有していますが、試合の中で判断できるかが大切なので、もっと経験し個々が判断する力を身につけて欲しいと思います。

ゴール前の守備は、ボールウォッチーにならないことやマークの確認、1vs1の粘り強い対応は少しずつ成長が見られます。

崩されて失点したシーンは少ない(※攻撃の課題に繋がります)ので、試合時間をタフに守備する力も同時に成長していきたいと思います。

攻撃の面は、

※守備の面でもありましたが、「崩された失点が少ない」中での13失点/5試合となった大きな理由は相手のハイプレッシャーを交わすことができなかったポゼッションのミスです。この部分はプレイモデルで特に大切に伝えています。相手の守備の狙いを考え、その狙いを外す判断やプレーができているか、また目的を持てているかが重要です。

現状はボールホルダーに余裕がなく、相手を見て判断やプレーができていないこと、

ボール状況を考えた周りのサポートができていないことや遅いこと、

パスの精度やスピード、距離といった技術が不足していることが挙げられます。

出来ている選手もいますが、全体的にはまだまだ成長が必要な部分であり、今回のTMではそれがスコアに大きく出ました。

また選手達にとってストレスがかかる時間も多くあったはずなので、改善し成長することで乗り越えていきたいと思います。

最後に

個人の要素(テクニック、タクティクス、フィジカル、メンタル)を考えた時に、個々によって何が必要なのかを考え、成長してほしいと思います。

U-13のうちに十分なテクニックを磨き、余裕をもってプレーを行うことができるようにしてほしいと思います。またTMなどの試合を通して、タクティクスを鍛えることにも並行してチャレンジしてほしいと思います。

我々も日々刺激を与えて、また刺激をもらい、お互いに与え合う関係でいたいと思います。

試合をしていただきましたレイジェンド様、FC湖東様、誠にありがとうございました。

また応援いただきました皆様、誠にありがとうございました。

FCエフォートU-13 TM vs尾張FC、アブリー、FTS

FCエフォートU-15

2021/4/1.2

TM

vs尾張FC.アブリーFC.FTS

<4/1>

エフォート12-0アブリー

(小林5、邑樂、東野3、根岸2、竹内)

エフォート2-1尾張

(山内、河端)

エフォート3-1尾張

(根岸2、住)

エフォート2-0アブリー

(澤井2)

エフォート2-3尾張

(義基、邑樂)

<4/2>

エフォート4-3FTS

(東野2、邑樂、河端)

エフォート0-2尾張

エフォート6-0FTS

(邑樂、義基2、石津、小林、澤井)

エフォート0-1尾張

春休みとなる4/1.2は新U-13、初となるTMに挑みました。

中学年代3年間の1歩目として、テーマは「個々の選手が自分の特徴を出すこと」、また「25分ハーフの時間を全力で戦うこと」としました。

新チームや新たな環境で自分の特徴を出すために必要なことはコミュニケーションであり、いかにその中で自分の意思を伝えることができるのか、また相手の意思を尊重し理解することができるのかが重要です。

また経験の少ない”25分ハーフ”の中で、力を温存するのではなく、全力でプレーし続けるタフさを確認しました。

この2日間の試合を通して、各選手の特徴やパフォーマンスをしっかり確認することができました。

課題としては、ハードワークの中でプレーの質が極端に下がってしまうということです。25分ハーフでは、連続したプレー(強度)が求められるので、少しずつ強くなってほしいと思います。

また相手のハイプレッシャーに対して、慌ててプレーをしてしまいボールを失ってしまうシーンがまだまだ多いことも課題です。一つ一つのプレーの準備や次の目的は何かを整理しながら試合経験を増やし成長してほしいと思います。

最後に、

試合では特にポジショニングについての要求を行なっています。

上記のような課題を乗り越えるための準備として、「立ち位置」は非常に重要な要素となります。この部分もこれから成長して欲しいと思います。

そして試合の全体像の中で、個々が強くタフでクリエイティブに闘えるようになってほしいと思います。

これから3年間、精進していきたいと思います。

試合をしていただきました尾張FC様、アブリーFC様、FTS様、誠にありがとうございました。

また応援いただきました皆様、誠にありがとうございました。

FCエフォートU-15 5期生入団決起会&クラブ説明会を行いました。

2021/3/31(水)

本日はFCエフォートU-15 5期生の入団決起会&クラブ説明会を行いました。

開催にあたり感染症対策として、数名のスタッフと選手のみの参加とし、最大限の対策を行った上での開催となりました。

まずはウェアの確認を行い、3年間身につけるクラブのウェアに袖を通しました。

まだまだ着こなせていないサイズですが、いずれ身体の成長と共に、また誇りを持って着こなしてくれると信じています。

その後は

エフォートの一員として、今後チームはどのように活動していくのか、また自分達はどのようにサッカーに取り組んでいくのかを確認しました。

今までとは違う環境でのスタートは不安なことが多いものです。その反対にワクワクする気持ちもあるはずです。

精一杯サッカーに取り組み、精一杯”努力”し、人間性を成長させてほしいと思います。

残念ながら全員で撮ることはできませんでしたが、集合写真もバッチリ撮れました。

※最後の写真は撮影の時のみマスクを外しております。

#fceffort

#effortfootballclub

#エフォート #努力

#人間性 #成長

#5期生 #スタート

FCエフォートU-15 2期生卒団式を行いました。

FCエフォートU-15

2期生卒団式を行いました。

2021/3/22

<滋賀県県民交流センター>

今年は2期生の卒団を迎えることとなりました。

彼らにとって、最終学年となった2020年は感染症対策として様々なことを自粛しながらの活動となりました。今回の卒団式も最大限の注意や対策を行い、また選手と数名のスタッフのみでの卒団式とさせていただき、開催させていただきました。

式では全選手が1人ずつ自分の進学する高校での目標やメンバー・クラブへの思いをスピーチしてもらいました。

素晴らしいスピーチが多く、選手の成長を改めて感じることができました。

特に2期生は足りないことが多い年代ではありましたが、立派に成長した姿を見せてくれたことがクラブの誇りです!

また代表や監督からの最後のメッセージが送られ、クラブを卒団することと同時に新たな道への決意や将来へのイメージをより膨らませてくれたのではないかと思います。

また後輩やお世話になったスタッフからのメッセージを楽しく鑑賞させてもらいました。

最後には映像を通し、保護者様からの選手への温かいメッセージがあり、改めて日々の感謝を感じてくれたと思います。

FCエフォートU-15を卒団する選手は様々な高校へ進学し、またいろんな環境で「努力」し続けることができると信じています。

いつもクラブは応援しています。

選手の皆様、保護者の皆様、サポートいただく皆様、誠にありがとうございました。

[選手の進学先]

<県内>

・石山高校

・東大津高校

・立命館守山

・守山北高校

・光泉高校

・玉川高校

・比叡山高校

・草津東高校

・綾羽高校

・瀬田工業高校

・堅田高校

<県外>

・東山高校

・京都外大西高校

#fceffort

#effortfootballclub

#エフォート #努力

#2期生 #卒団

#おめでとう

FCエフォートU-15 TM vsルセーロ京都

FCエフォートU-15

2021/2/6

TMvsルセーロ

エフォート1-1ルセーロ

(谷口)

先週末はルセーロ京都様とのTMとなりました。

※ネクストステージリーグの結果は大会終了後、まとめて掲載します。

3年生は受験期間となる中、活動できるメンバーで試合に挑みました。

テーマは個々のパフォーマンス向上とボールへの関わりを増やすこと、チーム全体ではアグレッシブなブロックプレスでボールを奪いショートカウンターを仕掛けることを伝えました。

30分を3本で結果は1-1。

全体的に守備のハードワークができた試合となり、3本通してしっかり戦えた印象でした。

ただし、プレッシャーの際の雰囲気や声かけ、周りの連動はもっと突き詰めてやる必要があり、今後のトレーニングでも意識していきたいと思います。

攻撃の面のボールへの関わりは増えてきました。特にサイドの攻略はスピードもあり、積極的にプレーしてる中で良い判断ができるようにしていきたいです。

あとはゴール前のフィニッシュの課題です。

もっと貪欲かつ精度を意識してプレーし、得点を取れるシーンを増やしてほしいです。

高校サッカーのスタートは残り2ヶ月弱です。

継続してプレーし、最後まで成長できるように精進していきたいと思います。

試合をしていただきましたルセーロ京都様、誠にありがとうございました。

また応援いただきました皆様、誠にありがとうございました。

FCエフォートU-15.U14 TM vsBIWAKO.sc vsレジョーネ京都

FCエフォートU-15.14

2020/12/26

TM

vsBIWAKO.SC(U15)

vsレジョーネ京都(U14)

①エフォート1-1BIWAKO

(西川)

②エフォート2-0BIWAKO

(矢盛、OG)

③エフォート2-0レジョーネ

(中西、福島)

④エフォート4-0レジョーネ

(平永、種村、外山2)

先週土曜日は、FCエフォートU-15、U14共に同じ会場にてTMとなりました。

今年を締めくくる試合となり、選手達のモチベーションも十分な試合となりました。

U15の試合では

立ち上がりは各選手のプレーに落ち着きがない慌ただしい入りでした。

セットプレーの甘さから先制を許す展開となりましたが、その後の守備の良さを発揮すふことができ、結果的に3得点を奪うことができました。

U14の試合では

3つのチーム分けとなり、それぞれの組み合わせの中で良いプレーが多く見られました。

得点を奪うためのクオリティはまだまだ必要ですが、コミュニケーションや姿勢は今後の成長を予感させてくれるものがありました。

2カテゴリー共に良いゲームで締めることができました!!

今年は活動の自粛や公式戦の中止など、大変な1年でした。

だからこそ、今サッカーができる環境は貴重であり、大切な時間だと改めて見つめ直した年となりました。

来年は更なる飛躍を目指し、努力していきます。

試合をしていただきましたBIWAKO.SC様、レジョーネ京都様、誠にありがとうございました。

また応援いただきました皆様、誠にありがとうございました。

FCエフォートU-15 TMvsヴェルヴェント京都FC

FCエフォートU-15

2020/12/12

vsヴェルヴェント

1本目

1-3(谷口)

2本目

0-2

3本目

0-2

本日は、高校に入ってからのサッカーを見据え、トランジション(切替)のスピードで相手を上回り、ボールを保持して自分たちのサッカーをする事をテーマとして試合に臨みました。

守備面ではテーマに掲げていた切替の部分が上手く出来た場面では、前線から連動してプレッシャーをかけ、ボールを奪い、ショートカウンターを仕掛ける事が出来ていたと思います。しかし、それでも相手にボールを保持され、安定感のあるポゼッションをされた時に、ディフェンスラインの選手からFWの選手に対して、コーチングが出来ず連動したプレッシャーがかからず、ライン間や背後のスペースを突かれたり、サイドを攻略されたりして、失点する場面が見られました。

攻撃面では、身体と脳の切替が遅く、的確なポジションを取ることが出来ず、奪ったボールをすぐ奪われ、自分たちでボールを保持することができませんでした。

自分達たちでボールを保持できた時は、中盤の選手やFWの選手を上手く使って、ワイドの選手が仕掛けやすい場面が作れていました。しかし、仕掛けや最後のフィニッシュの精度を欠いてしまい、得点を上げることができませんでした。

高校サッカーを見据えると、いまのプレースピード、判断スピード、切り替えのスピードでは、通用しない部分が多いのではないかと感じます。公式戦が無いため、モチベーションの維持が難しいかもしれませんが、高校サッカーで活躍するためには、今の時間は無駄にはできません。日頃のトレーニングにもっと目を向け、チーム内で刺激しあい、個々が成長できるように取り組んでいきましょう。

FCエフォートU-14 TMvsヴェルヴェント京都FC

FCエフォートU-14

試合結果12月12日(土)

vs Vervento京都F.C.

(30分ハーフ×2試合)

1試合目0ー4(0ー2、0ー2)

2試合目0ー5(0ー3、0ー2)

本日は諸事情によりFP2年生10名、GK3年生2名で試合間に30分の休息を挟み、計2試合のTMとなりました。

守備では手強い相手に対してブロックを組んで対抗するものの、繰り返し背後やスペースを突いてくる相手のロングパスに対しての対応がルーズになっていくところで失点したり、ビルドアップでのパスミスや判断のミスからショートカウンターで得点を許す形が多く、また相手のクロスボールに対してDFとGKの間のコミュニケーションの不足から失点する場面もあり、高いレベルの相手に対して、個人、組織として対応が追いつかない場面が多くありました。前線からのチェイシングで制限をかける部分でのミスも多く、ブロック内の守備に関してもスペースと時間を削ってアプローチに行くも球際でなかなか勝てないという部分が多く見られました。

攻撃では中盤や最終ラインでボールを奪った後のファーストパスに関しては良くなっていました。少ないながらも素早いショートカウンターで抜け出す場面があり、またビルドアップしシュートまでの攻撃の形を創る事に関しても良い部分がありました。しかしながら、この試合に関しては攻撃と守備の場面で両ゴール前での質や精度において相手との差がそのまま得点、失点の差になって現れることになりました。

全体的には丁寧にボールを扱うことはできていたものの、少ない人数で疲れもあったかもしれませんが、手強い相手に対してよりハードに闘うことや持続することに関しては残念ながらまだまだ課題があると言わざるを得ません。

負けた試合の結果は残念でしたが、如実に個々を含め課題が出た事は良かったと思います。

このような課題を克服するため、改善、向上を目指して、また次のトレーニングに取り組んでいこうと思います。

試合をしていただきましたヴェルヴェント京都FC様、誠にありがとうございました。

応援をいただきました皆様、誠にありがとうございました。

FCエフォートU-14 TM vsカラーズ滋賀

試合結果12月5日(土)

本日は2年生に1年生を数名加える形でTMを行いました。

vs カラーズ(25min×5本)

1、2ー1 得点者 藤

2、1ー1 得点者 藤

3、0ー3

4、0ー0

5、0ー3

攻守においての基本的な個人戦術~チーム戦術についての考え方と、メンタル面を試合前のミーティングで確認して試合に臨みました。

試合開始直後は互角に戦えていたものの徐々に相手にボールを持たれる時間が増え、少しの対応のミスから背後を突かれて持ち込まれ失点をしました。

盛り返して少しずつボールが動くようになり相手の隙をついてフリーで運びロングシュートが決まり追い付きましたが、残り5分ほど持ちこたえることができず相手に得点を許すことになりました。

2本目も同じような展開の中、こちらのCKからこぼれたところをつなぎ、最後はミドルシュートで得点できましたが、いずれも単発的な攻撃で、3本目までは手強い相手に対し守備ブロックを創り相手のボールを奪うものの、その後のファーストパスが不正確でこちらのショートカウンターが発動せずに相手に奪われ逆カウンターを食らったり、早く攻める時と、早く攻められない時の判断が悪くお互いの動きやタイミングが合わなかったりする場面が多くボールを持ってもなかなかシュートまで行けない場面が続きました。

4本目で中盤の構成を変えたところ、相手にも慣れたのかボールが良く動くようになり、5本目も同様に相手陣内深くに入り多くチャンスを創ったものの、結局3本目以降は得点できずに終わりました。

攻撃においては、本数が進むにつれ、徐々にボールを持つことができチャンスが増えていったものの、ゴールを重ねることができなければ試合に勝つことができないという原則から考えなければなりません。個人のシュート技術はもちろんの事、シュートに至るまでの動き、パス、クロス、コントロール等の質をもっと上げていかなければボールをいくら持てたり、奪うことができても勝つことができずに終わってしまいます。

守備においては今日はGKが1年生であったこともあり、能力的な差により仕方のない失点もありました。相手の攻撃をシュートされる前に「未然に防ぐ」という考え方をするのには良い機会であったかと思いますが、3本目までは全員で集中力を保ち相手の攻撃を読み、お互いに声を出して指示をし、相手の攻撃を断ち切り、ボールを奪い返して攻撃するというよりは、ボールを持った相手の動きに精一杯で付いて行くのが守備といった様相で、一生懸命追う割には ボールが奪えず体力だけ消耗していく場面が多く、この辺りはもう一つ踏み込んだ考え方と理解と実践が必要に思いました。

一緒に帯同した1年生のフィールドプレーヤーについては、相手が2年生ということもあり、フィジカル的には対応が難しい場面があったものの、各自の持っている特徴や良さといったものは出してくれていたと思います。今後もこのような機会が増えていくなかでミスはあるでしょうが怖がらずに続けてチャレンジして欲しいと思います。

全体的には、学校のテスト期間も重なり、FPが15名ほどで5本戦うということで体力的には多少キツくなった者もいたかと思いますが、時間がたって体力的な面からのパフォーマンスの低下は見られなかったので安心しましたが、技術、戦術、メンタル的な面から言えば、徐々に相手に慣れてパフォーマンスが発揮できるようだと遅く、現実的には公式戦では最初の2本程度で終わってしまいます。そこで相手を感じ自分達はどのように対応し、戦っていけば良いのかを見つけ出さなければなりません。もちろん相手の分析や特徴等の事前情報はあれども、実際に相手と対峙して肌で感じるもので即座に対応できるようになることが一番大切です。

少しずつの経験を積み上げ、規律を守る事や準備を怠らない事、しっかり伝える事、自分で解決する事、などなど、人間力を磨いていく事も忘れずに意識していきたいものです。

試合をしていただきましたカラーズ滋賀様、誠にありがとうございました。

応援いただきました皆様、誠にありがとうございました。