FCエフォートU-13 TM vsグラビス vsアズー vsFC湖東

FCエフォートU-13 TM

2021/6/12.13

<6/12>vsグラビス vsアズー

エフォート3-0グラビス

(澤井、佐藤、髙砂)

エフォート3-0アズー

(東野2、義本)

エフォート4-0グラビス

(小林、川端、徳井、根岸)

エフォート2-1アズー

(澤井2)

<6/13>vsFC湖東

エフォート0-1湖東

エフォート3-0湖東

(邑樂2、根岸)

エフォート1-3湖東

(呉竹)

エフォート1-1湖東

(佐藤)

先週末のU-13カテゴリーはグラビス様、アズー様、FC湖東様とのTMとなりました。

今週も2日間の連戦となり、チームとしての機能はもちろん、それを作り出す個のプレーに磨きをかけてる試合となりました。

テーマは「出場時間内を全力で戦う」、「プレイモデルを軸とした判断の整理」、「セットプレーの意識向上」としました。

ジュニアユースカテゴリーでよく見られる「ハイプレッシャー」の回避方法や打開方法は”プレイモデルを軸とした判断”としました。

<課題>

守備の面で、

守備のプレー強度は少しずつ高まったきました。ハイプレッシャーの際の連続した守備やゾーンDF(ブロック)の際のポジションの修正やアプローチなども相手にストレスを与えることができてきました。

しかしオンザボールの守備で、触れているのに持っていかれてしまう場面など、球際の強化は課題だと感じました。

またセットプレーの意識を上げて挑んだにも関わらず、コーナーキックから2失点は大きな課題となりました。

攻撃の面は、

2ヶ月間、取り組んできたビルドアップに活力が見られ、失点に繋がるようなイメージではなく、攻撃の起点としてしっかりポジショナルなプレーができるようになってきました。

ただし、相手の不規則なシステム(アプローチ)に対してのLIVE(オンザピッチ)での判断はすぐには対応できませんでした。ここはサッカーの経験値からくるものなので、時間をかけて成長してほしいと思いますし、試合中のコーチングを通して、また試合後のミーティングを通してしっかり理解できていました。

また今回の試合では前線でのボールロストも多く見られました。ビルドアップによる前進後の個人のプレーの質はもちろん、グループでのコンビネーションなどの課題がしっかり見えたことは、更に成長するための糧になりました。

最後に

上記にもありますが、ジュニア年代やジュニアユース年代でのハイプレッシャー(守備)は、攻撃側の質的な優位性(選手の個の力)がまだまだ成長段階にあるため、わかりやすく大きな脅威になります。

それを回避、打開するためのポジショナルなプレーや判断はかなり成長してきました。

しかし、それを遂行するためのプレーの質は選手各々によって課題があります。

それぞれが、その課題に向き合いながら、チームとしても成長していきたいと思います。

試合をしていただきました様、グラビス様、アズー様、FC湖東様、誠にありがとうございました。

また応援いただきました皆様、誠にありがとうございました。

FCエフォートU-13 TM vsMIO草津 vsラドソン滋賀 vsヴェルヴェント京都

FCエフォートU-13

2021/5/22.23

<5/22>

TM vsMIO草津

①エフォート0-4MIO

②エフォート2-5MIO

(住、根岸)

③エフォート0-8MIO

④エフォート0-4MIO

<5/23>

TM vsラドソン滋賀 vsヴェルヴェント京都

①エフォート0-0ラドソン

②エフォート1-0ヴェルヴェント

(中嶋)

③エフォート2-4ラドソン

(河端、住)

④エフォート4-1ヴェルヴェント

(根岸、末田、邑楽、澤井)

先週末のU-13カテゴリーはMIO草津様、ラドソン滋賀様、ヴェルヴェント京都様とのTMとなりました。

滋賀県や京都府を代表するチームとの連戦をどのように戦い、また良い経験として成長できるかが試される試合となりました。

テーマは「プレッシャーの回避」、「出場時間内を全力で戦う」、「チームのプレイモデルの遂行」としました。

<課題>

守備の面で、

個において相手の攻撃力とこちらの守備の対応力に差がありましたが、その部分をケアするためのグループでの対応力を感じるシーンはありました。

しかし、ゴール前などの局面においての個の部分では、特にスピードに差を感じ、それが結果としてスコアに出ていました。

相手の速い攻撃にも対応する力をしっかり身につけていきたいと思いました。

また全体として、普段からプレイモデルを軸に駆け引きをしている部分である「ハイプレッシャーとゾーンDF」の重要性に気づいてもらえる試合となりました。

単純な守備では簡単に裏返されてしまうシーンが多く、相手の攻撃のストロングを引き出すきっかけにもなっていました。

この部分も高いレベルの中でしっかり駆け引きしてほしいと思いました。

攻撃の面は、

守備の面でもありましたが、まだまだ個の攻撃力が通用しない局面が多く、フィジカルやテクニックの部分で努力が必要だということに改めて気づくことができたと思います。

プレイモデルの共有として、ビルドアップの考え方としては、相手の守備を交わす判断やプレーが見られました。前回と同様に、ビルドアップから失点するシーンもまだまだありますが、少しずつ理解とプレーの具現化ができるようになっています。

もっと力をつけて、自分達のスタイルを良い形で出せるようにしたいと思います。

最後に

今回のTMでも大きく感じたことが、個人の成長の必要性です。

やみくもに「個人の成長」では、どこに向かえばいいのかが不明確となります。しかしプレイモデルを軸とした要素(テクニック、タクティクス、フィジカル、メンタル)の成長は、彼らにとって目指すべきものとなり、気づき取り組むべきものがあります。

個性があり、個によって伝えている要素は違いますが自分を知り、時間を大切にして自分の成長に繋げてほしいと思います。

試合をしていただきましたMIO草津様、ラドソン滋賀様、ヴェルヴェント京都様、誠にありがとうございました。

また応援いただきました皆様、誠にありがとうございました。

FCエフォートU-13 TM vsレイジェンド vsFC湖東

FCエフォートU-13

2021/5/15

TM vsレイジェンド vsFC湖東

エフォート1-0レイジェンド

(河端)

エフォート1-4レイジェンド

(末田)

エフォート6-0湖東

(末田、根岸2、東野2、小林)

エフォート0-1湖東

エフォート0-4レイジェンド

エフォート1-4湖東

(神内)

先週末のU-13カテゴリーはレイジェンド様とFC湖東様とのTMとなりました。

GW以降のTMとなり、1週間半のTRで積み上げてきた部分をどれだけプレーで具現化することができるかが試される試合となりました。

テーマは「個の勝負(デュエル)」、「出場時間内を全力で戦う」、「チームのプレイモデルの確認」としました。

さらに、このテーマを軸に11人サッカーに慣れてきた中で”やりたいこと”と”やるべきこと”の理解を求めています。

<課題>

守備の面で、

前回と同様に1stアプローチのスピードや対応に成長が見られました。TRでの効果が出ているので継続して伸ばしていきたいと思います。

しかし、グループや全体として「連動」が遅れるシーンが多々見られます。ボール状況によって近くの選手をつかまえるのか(マンツーマンDF)、ゾーンを守りながら狙いをもって素早くアプローチするのか(ゾーンDF)の判断が遅いです。守備のオフザボールもプレイモデルの中で共有していますが、試合の中で判断できるかが大切なので、もっと経験し個々が判断する力を身につけて欲しいと思います。

ゴール前の守備は、ボールウォッチーにならないことやマークの確認、1vs1の粘り強い対応は少しずつ成長が見られます。

崩されて失点したシーンは少ない(※攻撃の課題に繋がります)ので、試合時間をタフに守備する力も同時に成長していきたいと思います。

攻撃の面は、

※守備の面でもありましたが、「崩された失点が少ない」中での13失点/5試合となった大きな理由は相手のハイプレッシャーを交わすことができなかったポゼッションのミスです。この部分はプレイモデルで特に大切に伝えています。相手の守備の狙いを考え、その狙いを外す判断やプレーができているか、また目的を持てているかが重要です。

現状はボールホルダーに余裕がなく、相手を見て判断やプレーができていないこと、

ボール状況を考えた周りのサポートができていないことや遅いこと、

パスの精度やスピード、距離といった技術が不足していることが挙げられます。

出来ている選手もいますが、全体的にはまだまだ成長が必要な部分であり、今回のTMではそれがスコアに大きく出ました。

また選手達にとってストレスがかかる時間も多くあったはずなので、改善し成長することで乗り越えていきたいと思います。

最後に

個人の要素(テクニック、タクティクス、フィジカル、メンタル)を考えた時に、個々によって何が必要なのかを考え、成長してほしいと思います。

U-13のうちに十分なテクニックを磨き、余裕をもってプレーを行うことができるようにしてほしいと思います。またTMなどの試合を通して、タクティクスを鍛えることにも並行してチャレンジしてほしいと思います。

我々も日々刺激を与えて、また刺激をもらい、お互いに与え合う関係でいたいと思います。

試合をしていただきましたレイジェンド様、FC湖東様、誠にありがとうございました。

また応援いただきました皆様、誠にありがとうございました。

2021/4/6(火) 高円2部 vs レイジェンド

.

.

.

2021/4/6(火)

.

高円2部リーグ vs レイジェンド

8-2 ○

野々村(深津)・野々村・深津(出口)・壷井(塚本)・山川(塚本)・中西(塚本)・塚本(壷井)・山川(野々村)

.

SUB vs Mio3rd

3-0 ○

山川(木村)・山川・庵原(木村)

.

SUB vs レイジェンド

2-1 ○

木村・福島(木村)

.

SUB vs Mio3rd

0-2 ●

.

.

今回のリーグ戦は、同グループ内で最大の山場であるレイジェンドとの対戦となりました。

全体的なテーマとしては、勝ちにこだわり勝つためにチーム全員で闘うことを意識し試合へ挑みました。

.

守備に関しては、3ラインのコンパクトブロック形成が素早く、自分たちでラインの高さを設定しブロックプレスへの切り替えが速くできていたと思います。そのため、意図的にボールを奪うことが出来ていました。

また、中盤での球際の勝率が高かったため、守備自体が安定していたように思います。70分間を通して、ゴール前の対応やクロス対応など細かい部分を集中して出来ていた事は今後へ繋がる大きな成長だと感じました。

しかし、課題としては失点の仕方が完全に自分たちのミスである事です。高いレベルになってくると1つのミスで失点に繋がりかねないので、無失点で終えられるような守備組織の構築に励んでいきたいと思います。

.

攻撃に関しては、まず大量得点出来たことは非常に素晴らしく思います。一人一人の特徴が出たいい得点シーンもありました。

守備の部分で意図的にボールを奪えていた為、ショートカウンターへの移行がスムーズに行えました。

また、ショートカウンターなのかポゼッションをするべきかの使い分けも出来ていたと感じます。

課題としては、クローズでのポゼッションからオープンへのロングボールの精度と、クロスの精度、またポゼッションでのテンポが挙げられます。

こういった課題に対して、一つずつクリアしていき間もなく始まるクラブユースで発揮出来ればと思います。

.

全体を通して、負けなしでリーグ戦を闘えていることは素晴らしいことです。その中でも内容と結果にこだわり、圧倒して昇格していきたいと思います。

.

.

試合をして頂きました、レイジェンド様・Mio3rd様

.

応援して頂きました、保護者の皆様方

.

.

誠にありがとうございました。

FCエフォートU-13 TM vs尾張FC、アブリー、FTS

FCエフォートU-15

2021/4/1.2

TM

vs尾張FC.アブリーFC.FTS

<4/1>

エフォート12-0アブリー

(小林5、邑樂、東野3、根岸2、竹内)

エフォート2-1尾張

(山内、河端)

エフォート3-1尾張

(根岸2、住)

エフォート2-0アブリー

(澤井2)

エフォート2-3尾張

(義基、邑樂)

<4/2>

エフォート4-3FTS

(東野2、邑樂、河端)

エフォート0-2尾張

エフォート6-0FTS

(邑樂、義基2、石津、小林、澤井)

エフォート0-1尾張

春休みとなる4/1.2は新U-13、初となるTMに挑みました。

中学年代3年間の1歩目として、テーマは「個々の選手が自分の特徴を出すこと」、また「25分ハーフの時間を全力で戦うこと」としました。

新チームや新たな環境で自分の特徴を出すために必要なことはコミュニケーションであり、いかにその中で自分の意思を伝えることができるのか、また相手の意思を尊重し理解することができるのかが重要です。

また経験の少ない”25分ハーフ”の中で、力を温存するのではなく、全力でプレーし続けるタフさを確認しました。

この2日間の試合を通して、各選手の特徴やパフォーマンスをしっかり確認することができました。

課題としては、ハードワークの中でプレーの質が極端に下がってしまうということです。25分ハーフでは、連続したプレー(強度)が求められるので、少しずつ強くなってほしいと思います。

また相手のハイプレッシャーに対して、慌ててプレーをしてしまいボールを失ってしまうシーンがまだまだ多いことも課題です。一つ一つのプレーの準備や次の目的は何かを整理しながら試合経験を増やし成長してほしいと思います。

最後に、

試合では特にポジショニングについての要求を行なっています。

上記のような課題を乗り越えるための準備として、「立ち位置」は非常に重要な要素となります。この部分もこれから成長して欲しいと思います。

そして試合の全体像の中で、個々が強くタフでクリエイティブに闘えるようになってほしいと思います。

これから3年間、精進していきたいと思います。

試合をしていただきました尾張FC様、アブリーFC様、FTS様、誠にありがとうございました。

また応援いただきました皆様、誠にありがとうございました。

FCエフォートU-15 5期生入団決起会&クラブ説明会を行いました。

2021/3/31(水)

本日はFCエフォートU-15 5期生の入団決起会&クラブ説明会を行いました。

開催にあたり感染症対策として、数名のスタッフと選手のみの参加とし、最大限の対策を行った上での開催となりました。

まずはウェアの確認を行い、3年間身につけるクラブのウェアに袖を通しました。

まだまだ着こなせていないサイズですが、いずれ身体の成長と共に、また誇りを持って着こなしてくれると信じています。

その後は

エフォートの一員として、今後チームはどのように活動していくのか、また自分達はどのようにサッカーに取り組んでいくのかを確認しました。

今までとは違う環境でのスタートは不安なことが多いものです。その反対にワクワクする気持ちもあるはずです。

精一杯サッカーに取り組み、精一杯”努力”し、人間性を成長させてほしいと思います。

残念ながら全員で撮ることはできませんでしたが、集合写真もバッチリ撮れました。

※最後の写真は撮影の時のみマスクを外しております。

#fceffort

#effortfootballclub

#エフォート #努力

#人間性 #成長

#5期生 #スタート

2021/3/28.29 U-15 TM vs 草津東高校・綾羽高校

.

.

.

2021/3/28(日)

.

U-15 TM vs 草津東高校

.

1試合目 1-3 ●

得点者:壷井(佐々木)

.

2試合目 0-1 ●

.

3試合目 1-3 ●

得点者:勝部(福島)

.

.

2021/3/29(月)

.

U-15 TM vs 綾羽高校

.

1試合目 0-4 ●

.

2試合目 0-7 ●

.

.

今回のTMは、前回に引き続きカテゴリーが上の高校生との試合を組ませて頂きました。

自分の進路にも関わる大事な試合でもあり、自分のパフォーマンスがどの程度通用するのかを試すいい機会となりました。

.

守備に関しては、しっかりとコンパクトブロックからのブロックプレスと、横ズレと縦ズレのスライドの速さの追求をテーマに挑みましたが、高校生ならではのスピード感に対応できた選手と対応できなかった選手がはっきりとしました。

また、相手のビルドアップに対しTOPダウンしライン設定をし直しましたが、そこからいつ奪いに行くかの判断が自分たちで出来なかったことが課題として残りました。他の部分では、ゴール前で体を張った守備やクロス対応など通用する部分はあります。しかし、最後の部分は個の能力に尽きるものがあります。こういったベースの引き上げを中学年代までに最大限の場して欲しいと思います。

.

攻撃に関しては、パススピードと判断スピードが高校生より上回れなかったことです。相手のプレースピードに対してパススピードが遅いためロストしてしまう部分と、相手のプレースピードに慌ててしまい的確な判断が下せなかったことが敗因と考えられます。

ボールを保持し、自分たちの時間を長くしリズムを作ることができず常に後手に回る状況になり、ボールを回させられていたと感じました。

また、奪った直後のパスのズレによるショートカウンターが入らないことや、背後への飛び出しに対するロングボールの配球ミスですぐに失うことが課題として挙げられます。

.

こういったカテゴリーが上のチームに対しては、守備に回る時間が多くなることは分かりますが、いかに奪った後に自分たちの保持の時間が長くできるのかが勝敗に関わってくると思います。ただ、どうやって保持時間を伸ばすのかは今までのチーム戦術やシステム論を用いて、チームで共有し判断することが必要です。

このように全体の課題としては、いかに自分たちでゲームを完結できるか。ということに対して一人一人が意見を主張しゲームを読み、的確な判断を下せるようにしてほしいと思います。

.

.

試合をして頂きました、草津東高校様・綾羽高校様

.

応援をして頂きました、保護者の皆様方

.

.

誠にありがとうございました。

FCエフォートU-15 2期生卒団式を行いました。

FCエフォートU-15

2期生卒団式を行いました。

2021/3/22

<滋賀県県民交流センター>

今年は2期生の卒団を迎えることとなりました。

彼らにとって、最終学年となった2020年は感染症対策として様々なことを自粛しながらの活動となりました。今回の卒団式も最大限の注意や対策を行い、また選手と数名のスタッフのみでの卒団式とさせていただき、開催させていただきました。

式では全選手が1人ずつ自分の進学する高校での目標やメンバー・クラブへの思いをスピーチしてもらいました。

素晴らしいスピーチが多く、選手の成長を改めて感じることができました。

特に2期生は足りないことが多い年代ではありましたが、立派に成長した姿を見せてくれたことがクラブの誇りです!

また代表や監督からの最後のメッセージが送られ、クラブを卒団することと同時に新たな道への決意や将来へのイメージをより膨らませてくれたのではないかと思います。

また後輩やお世話になったスタッフからのメッセージを楽しく鑑賞させてもらいました。

最後には映像を通し、保護者様からの選手への温かいメッセージがあり、改めて日々の感謝を感じてくれたと思います。

FCエフォートU-15を卒団する選手は様々な高校へ進学し、またいろんな環境で「努力」し続けることができると信じています。

いつもクラブは応援しています。

選手の皆様、保護者の皆様、サポートいただく皆様、誠にありがとうございました。

[選手の進学先]

<県内>

・石山高校

・東大津高校

・立命館守山

・守山北高校

・光泉高校

・玉川高校

・比叡山高校

・草津東高校

・綾羽高校

・瀬田工業高校

・堅田高校

<県外>

・東山高校

・京都外大西高校

#fceffort

#effortfootballclub

#エフォート #努力

#2期生 #卒団

#おめでとう

2021/3/20(土) U-14TM vs 守山北高校

.

.

.

2021/3/20(土)

.

U-14 TM vs 守山北高校

.

1試合目 2-2 △

得点者:野々村(塚本)・野々村

.

2試合目 0-2 ●

.

.

本日のTMは、新3年生を迎えるにあたり高校生とのTMを行いました。

ミーティングでは、どこにチャンスが転がっているかわからないため、チームでするべき事を確認し自分をアピールすることを意識し試合へ挑みました。

.

守備面では、相手の能力や高校生ということをリスペクトしてしっかりブロック守備で取り所を決めてボールを奪うことを意識しました。

良かった点は、しっかりと3ラインがコンパクトに出来ていたことと、DFラインの横のスライドが速くマークの受け渡しがしっかり出来ていた事で、背後やサイドを破られる事なくしっかりと取り所で奪えていたと思います。

しかし、後半の終盤になるにつれてフィジカル面で劣ってき始めスライドが追い付かなくなり押し込まれる時間帯が多くなりました。集中が切れた時間帯でコーナーキックから失点と、相手サイドの選手へのスライドが遅れ背後を抜け出された選手にプルバックへのボールをミドルシュートで失点しました。

ここで前に出て体を張れるようなフィジカルが高校生相手でも着いて来れると、レベルアップ出来るのではないかと感じました。

.

攻撃面では、自分たちがボールを保持している時間を長くすることと、サイドからの打開で崩すことを意識し挑みました。

良かった点は、ショートカウンターのスピードが一段と速くなったことと、落ち着くべきポイントでボールを無くさずに保持できていた事で自分たちのペースでボールポゼッションが出来ていた事です。そうすることで、FWの背後への動き出しのタイミングを作り出す事ができ、そのおかげで得点を奪うこともできました。

課題点としては、もう少しゲームの状況を読む力を一人一人が備えることと、フルタイム通してのスプリント回数を増やすこと、そして継続的な課題としては決定機を仕留めることです。

こういった課題をそれぞれ独自に分析する必要があると思います。関西大会に出るためにはしなければならない重要項目です。さらに強度と選手層を厚くできるようにしていきたいと思います。

.

.

試合をして頂きました、守山北高校様

.

応援をして頂きました、保護者の皆様方

.

.

誠にありがとうございました。

2021/3/14(日)U-15 TM vs サンガ瀬田

.

.

.

2021/3/14(日)

.

U-15 TM vs サンガ瀬田

2-1 ◯

得点者:西川・西川(長谷川大)

.

.

残り少ないジュニアユースの試合を、高校サッカーに向けてクオリティをあげていくことを意識し試合へ挑みました。

守備面では、しっかりとコンパクトにして奪いどころで取り切る事と、インテンシティの部分で負けないことをテーマに挑みました。

インテンシティの部分は、しっかりと激しくボールを奪えていたと思います。当たり負けしないフィジカルが備わってきたと感じます。また、チャレンジ&カバーの距離が良く背後をやられるシーンがなくDFラインは安定していたと思いました。

.

攻撃に関しては、前半の立ち上がりから入り方がよかったため、サイドの攻防から2得点する事が出来ました。

また、ボールを奪った後のショートカウンターに移行する際のパスミスやズレが目立ち、ショートカウンターを成立させる回数が少なく感じました。

高校サッカーではそう言う部分を逃してしまわないように意識して欲しいと思います。

.

残り少ない中学サッカーですが、しっかり次へと繋がるように取り組み無駄のないようにして欲しいと思います。

.

.

試合をして頂きました、サンガ瀬田様

.

応援をして頂きました、保護者の皆様方

.

.

誠にありがとうございました。