FCエフォートU-13 TM vsグラビス vsアズー vsFC湖東

FCエフォートU-13 TM

2021/6/12.13

<6/12>vsグラビス vsアズー

エフォート3-0グラビス

(澤井、佐藤、髙砂)

エフォート3-0アズー

(東野2、義本)

エフォート4-0グラビス

(小林、川端、徳井、根岸)

エフォート2-1アズー

(澤井2)

<6/13>vsFC湖東

エフォート0-1湖東

エフォート3-0湖東

(邑樂2、根岸)

エフォート1-3湖東

(呉竹)

エフォート1-1湖東

(佐藤)

先週末のU-13カテゴリーはグラビス様、アズー様、FC湖東様とのTMとなりました。

今週も2日間の連戦となり、チームとしての機能はもちろん、それを作り出す個のプレーに磨きをかけてる試合となりました。

テーマは「出場時間内を全力で戦う」、「プレイモデルを軸とした判断の整理」、「セットプレーの意識向上」としました。

ジュニアユースカテゴリーでよく見られる「ハイプレッシャー」の回避方法や打開方法は”プレイモデルを軸とした判断”としました。

<課題>

守備の面で、

守備のプレー強度は少しずつ高まったきました。ハイプレッシャーの際の連続した守備やゾーンDF(ブロック)の際のポジションの修正やアプローチなども相手にストレスを与えることができてきました。

しかしオンザボールの守備で、触れているのに持っていかれてしまう場面など、球際の強化は課題だと感じました。

またセットプレーの意識を上げて挑んだにも関わらず、コーナーキックから2失点は大きな課題となりました。

攻撃の面は、

2ヶ月間、取り組んできたビルドアップに活力が見られ、失点に繋がるようなイメージではなく、攻撃の起点としてしっかりポジショナルなプレーができるようになってきました。

ただし、相手の不規則なシステム(アプローチ)に対してのLIVE(オンザピッチ)での判断はすぐには対応できませんでした。ここはサッカーの経験値からくるものなので、時間をかけて成長してほしいと思いますし、試合中のコーチングを通して、また試合後のミーティングを通してしっかり理解できていました。

また今回の試合では前線でのボールロストも多く見られました。ビルドアップによる前進後の個人のプレーの質はもちろん、グループでのコンビネーションなどの課題がしっかり見えたことは、更に成長するための糧になりました。

最後に

上記にもありますが、ジュニア年代やジュニアユース年代でのハイプレッシャー(守備)は、攻撃側の質的な優位性(選手の個の力)がまだまだ成長段階にあるため、わかりやすく大きな脅威になります。

それを回避、打開するためのポジショナルなプレーや判断はかなり成長してきました。

しかし、それを遂行するためのプレーの質は選手各々によって課題があります。

それぞれが、その課題に向き合いながら、チームとしても成長していきたいと思います。

試合をしていただきました様、グラビス様、アズー様、FC湖東様、誠にありがとうございました。

また応援いただきました皆様、誠にありがとうございました。

2021/4/6(火) 高円2部 vs レイジェンド

.

.

.

2021/4/6(火)

.

高円2部リーグ vs レイジェンド

8-2 ○

野々村(深津)・野々村・深津(出口)・壷井(塚本)・山川(塚本)・中西(塚本)・塚本(壷井)・山川(野々村)

.

SUB vs Mio3rd

3-0 ○

山川(木村)・山川・庵原(木村)

.

SUB vs レイジェンド

2-1 ○

木村・福島(木村)

.

SUB vs Mio3rd

0-2 ●

.

.

今回のリーグ戦は、同グループ内で最大の山場であるレイジェンドとの対戦となりました。

全体的なテーマとしては、勝ちにこだわり勝つためにチーム全員で闘うことを意識し試合へ挑みました。

.

守備に関しては、3ラインのコンパクトブロック形成が素早く、自分たちでラインの高さを設定しブロックプレスへの切り替えが速くできていたと思います。そのため、意図的にボールを奪うことが出来ていました。

また、中盤での球際の勝率が高かったため、守備自体が安定していたように思います。70分間を通して、ゴール前の対応やクロス対応など細かい部分を集中して出来ていた事は今後へ繋がる大きな成長だと感じました。

しかし、課題としては失点の仕方が完全に自分たちのミスである事です。高いレベルになってくると1つのミスで失点に繋がりかねないので、無失点で終えられるような守備組織の構築に励んでいきたいと思います。

.

攻撃に関しては、まず大量得点出来たことは非常に素晴らしく思います。一人一人の特徴が出たいい得点シーンもありました。

守備の部分で意図的にボールを奪えていた為、ショートカウンターへの移行がスムーズに行えました。

また、ショートカウンターなのかポゼッションをするべきかの使い分けも出来ていたと感じます。

課題としては、クローズでのポゼッションからオープンへのロングボールの精度と、クロスの精度、またポゼッションでのテンポが挙げられます。

こういった課題に対して、一つずつクリアしていき間もなく始まるクラブユースで発揮出来ればと思います。

.

全体を通して、負けなしでリーグ戦を闘えていることは素晴らしいことです。その中でも内容と結果にこだわり、圧倒して昇格していきたいと思います。

.

.

試合をして頂きました、レイジェンド様・Mio3rd様

.

応援して頂きました、保護者の皆様方

.

.

誠にありがとうございました。

2021/3/28.29 U-15 TM vs 草津東高校・綾羽高校

.

.

.

2021/3/28(日)

.

U-15 TM vs 草津東高校

.

1試合目 1-3 ●

得点者:壷井(佐々木)

.

2試合目 0-1 ●

.

3試合目 1-3 ●

得点者:勝部(福島)

.

.

2021/3/29(月)

.

U-15 TM vs 綾羽高校

.

1試合目 0-4 ●

.

2試合目 0-7 ●

.

.

今回のTMは、前回に引き続きカテゴリーが上の高校生との試合を組ませて頂きました。

自分の進路にも関わる大事な試合でもあり、自分のパフォーマンスがどの程度通用するのかを試すいい機会となりました。

.

守備に関しては、しっかりとコンパクトブロックからのブロックプレスと、横ズレと縦ズレのスライドの速さの追求をテーマに挑みましたが、高校生ならではのスピード感に対応できた選手と対応できなかった選手がはっきりとしました。

また、相手のビルドアップに対しTOPダウンしライン設定をし直しましたが、そこからいつ奪いに行くかの判断が自分たちで出来なかったことが課題として残りました。他の部分では、ゴール前で体を張った守備やクロス対応など通用する部分はあります。しかし、最後の部分は個の能力に尽きるものがあります。こういったベースの引き上げを中学年代までに最大限の場して欲しいと思います。

.

攻撃に関しては、パススピードと判断スピードが高校生より上回れなかったことです。相手のプレースピードに対してパススピードが遅いためロストしてしまう部分と、相手のプレースピードに慌ててしまい的確な判断が下せなかったことが敗因と考えられます。

ボールを保持し、自分たちの時間を長くしリズムを作ることができず常に後手に回る状況になり、ボールを回させられていたと感じました。

また、奪った直後のパスのズレによるショートカウンターが入らないことや、背後への飛び出しに対するロングボールの配球ミスですぐに失うことが課題として挙げられます。

.

こういったカテゴリーが上のチームに対しては、守備に回る時間が多くなることは分かりますが、いかに奪った後に自分たちの保持の時間が長くできるのかが勝敗に関わってくると思います。ただ、どうやって保持時間を伸ばすのかは今までのチーム戦術やシステム論を用いて、チームで共有し判断することが必要です。

このように全体の課題としては、いかに自分たちでゲームを完結できるか。ということに対して一人一人が意見を主張しゲームを読み、的確な判断を下せるようにしてほしいと思います。

.

.

試合をして頂きました、草津東高校様・綾羽高校様

.

応援をして頂きました、保護者の皆様方

.

.

誠にありがとうございました。

2021/3/20(土) U-14TM vs 守山北高校

.

.

.

2021/3/20(土)

.

U-14 TM vs 守山北高校

.

1試合目 2-2 △

得点者:野々村(塚本)・野々村

.

2試合目 0-2 ●

.

.

本日のTMは、新3年生を迎えるにあたり高校生とのTMを行いました。

ミーティングでは、どこにチャンスが転がっているかわからないため、チームでするべき事を確認し自分をアピールすることを意識し試合へ挑みました。

.

守備面では、相手の能力や高校生ということをリスペクトしてしっかりブロック守備で取り所を決めてボールを奪うことを意識しました。

良かった点は、しっかりと3ラインがコンパクトに出来ていたことと、DFラインの横のスライドが速くマークの受け渡しがしっかり出来ていた事で、背後やサイドを破られる事なくしっかりと取り所で奪えていたと思います。

しかし、後半の終盤になるにつれてフィジカル面で劣ってき始めスライドが追い付かなくなり押し込まれる時間帯が多くなりました。集中が切れた時間帯でコーナーキックから失点と、相手サイドの選手へのスライドが遅れ背後を抜け出された選手にプルバックへのボールをミドルシュートで失点しました。

ここで前に出て体を張れるようなフィジカルが高校生相手でも着いて来れると、レベルアップ出来るのではないかと感じました。

.

攻撃面では、自分たちがボールを保持している時間を長くすることと、サイドからの打開で崩すことを意識し挑みました。

良かった点は、ショートカウンターのスピードが一段と速くなったことと、落ち着くべきポイントでボールを無くさずに保持できていた事で自分たちのペースでボールポゼッションが出来ていた事です。そうすることで、FWの背後への動き出しのタイミングを作り出す事ができ、そのおかげで得点を奪うこともできました。

課題点としては、もう少しゲームの状況を読む力を一人一人が備えることと、フルタイム通してのスプリント回数を増やすこと、そして継続的な課題としては決定機を仕留めることです。

こういった課題をそれぞれ独自に分析する必要があると思います。関西大会に出るためにはしなければならない重要項目です。さらに強度と選手層を厚くできるようにしていきたいと思います。

.

.

試合をして頂きました、守山北高校様

.

応援をして頂きました、保護者の皆様方

.

.

誠にありがとうございました。

2021/3/14(日)U-15 TM vs サンガ瀬田

.

.

.

2021/3/14(日)

.

U-15 TM vs サンガ瀬田

2-1 ◯

得点者:西川・西川(長谷川大)

.

.

残り少ないジュニアユースの試合を、高校サッカーに向けてクオリティをあげていくことを意識し試合へ挑みました。

守備面では、しっかりとコンパクトにして奪いどころで取り切る事と、インテンシティの部分で負けないことをテーマに挑みました。

インテンシティの部分は、しっかりと激しくボールを奪えていたと思います。当たり負けしないフィジカルが備わってきたと感じます。また、チャレンジ&カバーの距離が良く背後をやられるシーンがなくDFラインは安定していたと思いました。

.

攻撃に関しては、前半の立ち上がりから入り方がよかったため、サイドの攻防から2得点する事が出来ました。

また、ボールを奪った後のショートカウンターに移行する際のパスミスやズレが目立ち、ショートカウンターを成立させる回数が少なく感じました。

高校サッカーではそう言う部分を逃してしまわないように意識して欲しいと思います。

.

残り少ない中学サッカーですが、しっかり次へと繋がるように取り組み無駄のないようにして欲しいと思います。

.

.

試合をして頂きました、サンガ瀬田様

.

応援をして頂きました、保護者の皆様方

.

.

誠にありがとうございました。

2021/3/13(土) 高円2部vsMio東近江

.

.

.

2021/3/13(土)

.

高円2部 vs Mio東近江

6-1 ◯

得点者:野々村(木村)・壷井(中西)・神内(深津)・野々村(佐々木)・壷井(深津)・壷井

.

.

今回のリーグ戦では、朝から大雨によるグランド不良により、戦術を割り切りリスクのないゲームを意識しました。

.

守備面では、常にラインコントロールを意識し、グランドに水溜りが出来ていたので、最後までしっかりとプレーすることを心がけました。しっかりとディフェンスラインのコントロールとインテンシティの部分で相手より上回っていた事で、しっかりと奪いどころで回収出来ていたことが勝利に繋がった要因と思います。

.

攻撃面では、リスクなしで割り切って背後に蹴り続けることを意識し臨みました。

しっかりと、ぐちゃぐちゃのグランドの中でボールを蹴れていたのではないかと思います。また、セカンドボールの回収率も非常に高く、2次攻撃や3次攻撃と次々に後ろから駆け上がり攻撃に参加できていました。

キーパーの立ち位置を確認しながらのプレーも出来ており、積極的にロングシュートを狙っている場面も見受けられました。また、そのシュートが得点に繋がっていたことが、チームの勝利に導いてくれていると感じました。

.

このような外的要因に対しても臆することなく、しっかりプレー出来ていたことは評価できます。このまま調子を落とさず、残りの試合も勝ち続けていきたいと思います。

.

.

試合をして頂きました、Mio東近江様

.

応援をして頂きました、保護者の皆様方

.

.

誠にありがとうございました。

2021/2/27(土) 高円2部 vs 甲南中

.

.

.

2021/2/27(土)

.

高円2部 vs 甲南中

17-0 ◯

得点者:野々村・木村(壷井)・山川(神内)・山川・野々村(深津)・神内(深津)・野々村(塚本)・OG・野々村・壷井(深津)・壷井(野々村)・種村(深津)・塚本(種村)・種村(塚本)・中西(平永)・種村・塚本(平永)

.

.

今回のリーグ戦でのテーマは、直近の試合で入り方が良くないのでノーリスクで安定させることと、決定力の向上を意識して挑みました。

.

守備に関しては、DFラインコントロールを常時出来ており、相手のFWに対して嫌な事を70分間し続けられたという事は良かったと思います。

そして、無失点で終えたことは素晴らしく今後の試合もこのように続けることが大事だと思います。

.

攻撃に関しては、ビルドアップを構築ししっかりとコートを広く相手を動かす事ができていました。

さらに、背後への飛び出しに対してのボール配給がよくできていたため、この結果につながったと思います。

サイドの打開から得点シーンが多く、サイドバックの攻撃参加やクロスの質が非常に良かったため、決定力を高めるプレーが目立ちました。

こうして大量得点で圧勝できたことは良かったと思います。

その中でも細かい部分の修正をし、より質の高い試合ができるように改善していきたいと思います。

.

.

試合をして頂きました、甲南中様

.

応援して頂きました、保護者の皆様

.

.

誠にありがとうございました。

2021/2/21(日) U-14TM vsアスペガス

.

.

.

2021/2/21(日)

.

U-14 TM vs アスペガス

.

①2-0

得点者:野々村・山川

.

②0-0

.

③4-0

得点者:山川(澤)・山川(種村)・野々村(神内)・種村

.

.

本日のテーマは、前日のリーグ戦で出た課題に対してしっかりと改善し、自分達のペースで試合をコントロールすることを意識しました。

.

守備に関しては、自分達のフォーメーションからブロック形成するためのシステム変化で横ズレと縦ズレを意識しましたが、横ズレ(スライド)に関しては素早くできていたと思います。しかし、縦ズレの部分に関してはどのタイミングでチャレンジするのか、また押し出しに対しての後ろの選手が連動してチャレンジ出来ているかが大事な部分ですが、まだ相手のどの選手にチャレンジするかの判断と、スクリーンをしながらプレスをかけられていなかった事が課題となりました。

.

攻撃に関しては、ビルドアップの安定化を意識しボールを保持ししながら相手陣地へと侵入することを目指しましたが、不要 な横パスで失ってしまうシーンがありました。相手の嫌がるプレーと嫌なポジショニングを試合中に分析し、実行していく眼力が必要だと感じました。また、人工芝の素晴らしいピッチにも関わらずしっかりと丁寧にパスを出せている選手が少なかったように思います。そういう部分に関しては、気遣いにつながると思います。仲間がプレーしやすいようになどと細かいぶぶんを考えながらプレーできれば、もっと簡単にボールを動かせると思います。このような部分の向上させ、より安定したビルドアップの構築とゲームの優位性につなげていきたいと思います。

.

.

試合をして頂きました、アスペガス様

.

応援をして頂きました、保護者の皆様方

.

.

誠にありがとうございました。

2021/2/20(土) 高円2部 vs SAGAWA2nd

.

.

.

2021/2/20(土)

.

高円2部リーグ vs SAGAWA 2nd

1-1 △

得点者:野々村

.

SUB戦

vs SAGAWA

2-1

得点者:種村・衣笠

.

vs レイジェンド

0-2

.

.

リーグ3戦目を迎え、2連勝している中で山場となるSAGAWA戦を迎えました。

テーマとしては前回と同様、立ち上がりの入り方と時間帯に応じたゲームコントロールを意識し挑みました。

.

試合展開として、課題である試合の立ち上がり5分で相手のサイドからの打開により、失点しビハインドの状態から試合がスタートしました。

守備に関しては、DFラインコントロールにおけるコンパクトブロックの形成はよくできていたと思います。

しかし、コンパクトにはなっているものの相手のFWに対してのチャレンジのタイミングや判断、カバーの距離とスライドの速さが曖昧になっている部分が多く、最初の立ち上がりの失点もDFのボールに対しての対応で入れ替わり、カバーの距離が曖昧なためカバーが遅れ、サイドバックのインサイドマークが間に合わず失点しました。

改善して行かなければならない点としては、チャレンジ&カバーの判断の向上とスライドの速さとタイミング、そして横ズレと縦ズレの使い分けが必要だと感じました。

.

攻撃に関しては、ビルドアップの際にサイドバックの選手が高い位置を取りすぎてしまい相手のプレスにかかりやすくなり、安定感が出ない形となりました。サイドバックがセンターバックとフラットでボールを受けることにより、相手のサイドハーフがプレスをかけてくることでポケットがより空いてくる効果がありますが、そういう効果に気づけていない部分があり上手くビルドアップが出来ないことが課題として残りました。

また、FW陣による決定機の逃しが毎試合のように目立ちます。決め切るところを決め切れれば自分達の思うようにゲームを進める事ができますが、苦しい展開にしているのも自分達の責任と考え、より得点に関してFW陣は貪欲になってほしいと思います。

.

課題はまだまだたくさんありますが、少しづつクリアしていき最終的に優勝できるように積み重ねていきたいと思います。

.

.

試合をして頂きました、SAGAWA様・レイジェンド様

.

応援をして頂きました、保護者の皆様方

.

.

誠にありがとうございました。

2021/2/13(土)高円2部リーグ vs FC湖東2nd

.

.

.

2021/2/13(土)

.

.

高円2部リーグ vs FC湖東2nd

2-0 ◯

得点者:佐々木(深津)・塚本(野々村)

.

本日は、高円2部リーグ2戦目となりました。

まず、課題である試合の入り方、立ち上がりの戦い方を確認し、時間帯に応じた戦術を確認し挑みました。

.

守備に関しては、まずDFラインのコントロールは1試合を通して素早くコンパクトに出来ていたと思います。その為、相手の背後へのボールに対し、相手のFWのタイミングがズレ自分達のボールにすることが出来ていました。

また、中盤での球際の勝負で勝ち続けていた為、ボールの奪取率が相手より上回り、守備が安定しました。

しかし、得点をなかなか奪うことが出来ない時にふと集中力の低下によるリスク管理低下で、相手に決定機を与えてしまうことが多々ありました。攻撃している時こそ最大の注意を払い徹底した守備の統一で安定をもたらす事ができると、より攻撃に厚みがますと思います。

今回のゲームは、守備における球際とラインコントロールは素晴らしかったと思います。

.

攻撃に関しては、中盤でのボール奪取率が高かったためボールを握る時間が多かったように感じました。しかし、ボールポゼッションになると、パスのズレやファーストタッチミスが目立ちロストにつながる場面が見受けられました。まず、基礎的な部分で自分達がストレスを感じないようにしなければなりません。そうなることで焦りや苛立ちが出てしまい、冷静に判断する事ができなくなってしまいます。そのせいか、得点を取るのに急ぎすぎてしまい背後へのボールが自然と多くなり、相手のラインが下がったままにも関わらず配球してしまっていた為、攻撃が単調に感じました。

また、サイドの打開からクロスを上げようとしますがニアに引っ掛けてしまう場面と、決定機が何回もあったにも関わらず決めきれず苦しい展開にしてしまいましたが、勝つことに対して焦れずに選手全員のモチベーションとメンタルが安定していたように思えました。

課題は残るものの、厳しいゲームをモノにできた事は大きな収穫です。2部リーグ優勝に向けてチーム一丸となって戦っていきたいと思います。

.

.

試合をして頂きました、FC湖東様

.

応援をして頂きました、保護者の皆様方

.

.

誠にありがとうございました。